ここから本文です

「群馬県」が映画撮影ロケ地に選ばれやすい背景

11/17(日) 8:00配信

東洋経済オンライン

 【2019年11月17日10時10分追記】初出時からメインタイトルの一部表現を見直しました。

この記事の写真を見る

 『月とキャベツ』の山崎まさよし×篠原哲雄監督が今度は「ハードボイルドにしてハートウォーミング」という新境地を拓いた。同じ群馬県を舞台にした、映画『影踏み』が11月15日、全国公開した。

 原作は群馬県在住の横山秀夫が手掛けた同名の小説作品。『半落ち』『64-ロクヨン-』『クライマーズ・ハイ』など、大部分の作品が映画化・ドラマ化されている横山作品だが、その中でも特異な小説技法ゆえに長らく映像化できないとされてきた作品がこの『影踏み』だった。

 同作の製作委員会として、バップ、東京テアトル、日活、ユニバーサルミュージック、デジタルメディアラボ、オフィスオーガスタ、TBSラジオ、上毛新聞社、日販、祥伝社など、業種を問わず幅広い業種の会社が参加する中、「伊参(いさま)スタジオ映画祭」実行委員会の名前もクレジットされている。

■影踏みのきっかけは「伊参スタジオ映画祭」

 本作の企画が立ち上がるきっかけになったのは『月とキャベツ』の聖地としてファンに愛される「伊参スタジオ映画祭」だった。

 同映画祭の発起人であり、『月とキャベツ』『影踏み』を手がけた松岡周作プロデューサーは「実は横山先生が2013年から3年間、『伊参スタジオ映画祭』シナリオコンクールの審査員をやってくれたことがあって、それから先生とのご縁が出来たんです」と振り返る。

 1996年12月にテアトル新宿で公開された『月とキャベツ』は、俳優としても活動するミュージシャン、山崎まさよしの初主演映画。

 森田芳光、金子修介、根岸吉太郎といった監督の作品に助監督としてつく傍ら、『RUNNING HIGH』『草の上の仕事』といった自主映画で注目を集めていた篠原哲雄監督が、当時演技未経験だったミュージシャン山崎まさよしを主演に迎えて発表した青春映画だった。

1/4ページ

最終更新:11/17(日) 10:14
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事