ここから本文です

香川真司は復調傾向? 決定機逃すも現地メディアは好評価

11/17(日) 8:29配信

フットボールチャンネル

 スペイン2部リーグ第16節のサラゴサ対アルバセテが現地時間16日に行われた。スペインメディアがMF香川真司のパフォーマンスを評価している。

 2試合連続で先発した香川は、惜しいチャンスをつくるシーンもあった。特に65分の好機は決定的だったものの、GKと1対1の場面で放ったシュートはポストに弾かれている。

 72分に香川が交代を命じられると、サラゴサはその後のチャンスもいかせなかった。すると、終了間際にパワープレーから失点し、0-1で敗れている。

 『エル・デスマルケ』は、香川のパフォーマンスを平均的な「6」と採点。精力的だった点を評価している。

 『スポルトアラゴン』は「8」を付け、チーム3位タイとなる高評価。「最近の試合に比べてダイナミックだった」と香川の調子が上がっていることを指摘し、「ボールをうまくコントロールし、エグアラスとグティとうまく連係を取った」と記した。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:11/17(日) 8:29
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事