ここから本文です

EURO予選でベルギー代表に珍事。“他人のユニフォーム”で12分間プレー

11/17(日) 17:13配信

フットボールチャンネル

 EURO2020予選I組のロシア代表対ベルギー代表戦が現地時間16日に行われ、ベルギーがアウェイで4-1の勝利を収めた。この試合で起きたひとつの“珍事”をスペイン紙『アス』など各国メディアが伝えている。

【順位表】サッカー UEFAユーロ2020(欧州選手権)予選

 FIFAランキングで現在1位に君臨するベルギーは今予選でも強さを見せつけ、10月の時点で本大会出場を決定。ロシアとのアウェイゲームでも前半にトルガン・アザールとエデン・アザールの兄弟がそれぞれ1得点と2得点を挙げて3-0のリードを奪った。

 だがこの試合に先発で出場していたDFデドリック・ボヤタに後半から異変が生じた。ボヤタは控えメンバーに入っていたFWミシー・バチュアイのユニフォームを身につけてピッチに再登場。背番号は本来の「4番」ではなく「23番」であり、その上にはバチュアイのネームも入っていた。

 そのまましばらくは、チームメートや対戦相手、審判団がこの異変を指摘することもなかったようだ。ようやく間違いに気が付いたボヤタが自分のユニフォームに着替え直したのは、後半開始から12分が経過した57分のことだった。「23番」の本来の持ち主であるバチュアイはその20分後の77分から交代で出場した。

 ユニフォームをめぐる混乱はあったが、後半にも1点を加えたベルギーは4-1で勝利。今予選の成績を9戦9勝としている。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:11/17(日) 17:13
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事