ここから本文です

久保建英、東京五輪へ危機感募らせ「強いて挙げるなら良かったのは負けたこと」

11/17(日) 21:51配信

フットボールチャンネル

 U-22日本代表は17日、同じ東京五輪世代のU-22コロンビア代表と国際親善試合を行い0-2で敗れた。

【写真で見る】一番かっこいいのは…? 日本代表歴代ユニフォーム一覧

 前半はお互いにゴールなく推移したものの、後半開始早々の47分にコロンビアに先制点を許すと、59分にも追加点を奪われてしまう。日本は3-4-2-1から4-4-2へのシステム変更なども試みたが、反撃は決め手を欠き2点差を覆すことはできなかった。

 攻撃的なポジションで先発出場したMF久保建英は「見てわかる通り0-2で負けましたし、内容もキレイに崩そうとしすぎた場面や、もうちょっと簡単にシュートを打ってもよかったのかなというのは感じています」と痛い敗戦を悔やんだ。

「前半はお互いにあんまりチャンスらしいチャンスもなかった。どちらかというと、もうちょっと攻撃の人数を、3人でというよりは、前半は攻撃に厚みをかけるのが足りなかったのかなと思いましたし、後半は最後のところでちょっとキレイに崩そうとしすぎたのかなとは思いました」

 日本の攻撃は2列目の久保やMF堂安律が中心となっていたが、単調さが目立ち、コロンビアの組織的な守備の前では通用しなかった。「もっと人数をかけないと攻撃は面白みもないですし、どんどん追い越し、追い抜いていくプレーを出していかないと相手にも圧力をかけられない」と、久保は攻撃面の大きな課題を認識している。

 U-22日本代表は来月28日にU-22ジャマイカ代表と対戦し、来年1月には東京五輪予選(日本は開催国のため予選免除)を兼ねたAFC U-23選手権に出場する。今回コロンビアに実力差を見つけられ、目標とする東京五輪での金メダルを獲得するために改善すべき点が数多く出てきた。久保は言う。

「強いて良かった点を挙げるとすると負けたことで、みんなに危機感が生まれたと思いますし、不安も出てきたと思います。でももう(今月はU-22代表の)活動がないので各々が(所属する)チームで示すしかないと思いますし、それで次の招集までにもっと成長することしかないのかなと思います」

 東京五輪で「あの時負けておいてよかった」と言えるような一戦にするために。コロンビア戦で得た成果や課題をしっかりと整理し、残り少ない準備に最大限活用したいところだ。まだまだ本大会でのメダル獲得には程遠い。

(取材:元川悦子【広島】、文・構成:編集部)

フットボールチャンネル編集部

最終更新:11/17(日) 21:51
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事