ここから本文です

東京五輪がラグビーW杯から学ぶこと。合宿のおもてなし、持ち込みルール。

11/17(日) 20:01配信

Number Web

 先日閉幕したラグビーのワールドカップは、成功のうちに大会期間を終えた。

 しかもその成功は、予想を大きく超えるものだった。開幕前は、大会がクローズアップされる度合いも決して大きくはなく、大会が開催されること自体の認知度が低いのではないか、など懸念の声が少なからずあった。

【秘蔵写真】昔から速い福岡と松島、ヤンチャかわいい五郎丸に今じゃ想像できない髪型の堀江、細すぎるリーチマイケル。平尾・清宮パパ・松尾の現役時代。

 いざ始まると、各地のスタジアムは多くの人々で埋め尽くされた。スタジアム内のみならず、ファンゾーンをはじめ、スタジアムの外にもたくさんの人が集った。テレビでも試合の中継は高視聴率を獲得。ニュース番組をはじめ、代表の特集が組まれることも増えていった。

 海外では、「ラグビーW杯史上、最高の成功を収めた」という評価や、忘れがたい大会など、賛辞が相次いだ。

日本代表の活躍、合宿のサポート。

 こうした成功の中心に、日本代表の好成績があるのは言うまでもない。グループリーグを全勝、1位で通過してのベスト8入りの過程では、人を惹きつけるゲームが展開された。試合ごとに、これまでラグビーに強い関心を持ってこなかった人たちも競技の魅力に惹きつけられ、ひいては大会そのものの成功にもつながった。

 成功の要因を他に探れば、浮き上がってくる要素がある。

 その中には来年開催される東京オリンピック・パラリンピックにとって参考になるものも多くある。

 まず、あげられるのは、大会を前に日本で合宿を行なったチームへのサポートだ。

 強豪ニュージーランドの合宿地となったのは、千葉県柏市。柏の地元の子どもたちが、ニュージーランドが試合開始前に行なう「ハカ」を披露して歓迎したのをはじめ、市の競技場や地元小学校の体育館、プールを練習施設として提供し、手厚いサポートで歓迎した。

ウェールズは朝刊に広告を掲載。

 また、4位になったウェールズが事前に合宿を行なった北九州市では、練習に1500人もの観客が押し寄せ、ウェールズ国歌を歌うなどして激励した。のちにウェールズは毎日新聞の朝刊に感謝の広告を掲載し、それに答える形で北九州市もウェールズの地元紙にお礼のメッセージ広告を掲載するやりとりがあった。

 これらのように、チームが訪れた各地では手厚い歓迎とサポートがあった。それが海外からの高い評価の要因となった。

 また、いざ試合となれば、日本以外のゲームでも、戦っているチームを応援する姿があった。各国のユニフォームに身を包み、応援する観客の姿も多く見られたし、ファンゾーンでも日本人が海外から応援に訪れた人と交流する姿があった。どの国であっても、国を問わずだ。

1/2ページ

最終更新:11/17(日) 20:01
Number Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事