ここから本文です

「博多への移住で人生が変わった」夫の転勤で仕事を辞めた32歳妻の、華麗なる転身とは

11/17(日) 5:20配信

東京カレンダー

東京は、飽きない街である。

東京都の人口は、約1,400万。47都道府県ある中、1割以上の日本人は東京に住んでいるという計算だ。

その分、人との出会いが多く、刺激的な仕事も多い。だがもしそんなとき、“東京以外に住む”という選択肢を提示されたら…?

これはそうした経験をした(している)人の、リアルな体験談である。

東京以外での生活は、アリだった?ナシだった?

前回は、シンガポールの駐妻ライフを楽しむ茜さんを紹介した。今回は?

<今週の地方在住者>
名前:香澄さん(仮名)
年齢:32歳
住居:博多


「住めば都って言いますけど、すっかり気に入ってしまいました。ここ、博多での生活」

昨年、日系証券会社に勤める夫の転勤で博多にやってきたという香澄さん。

白い歯を見せて笑う笑顔が、太陽のような明るい女性だ。

現在は夫とともに、繁華街・天神からもほど近い、薬院というエリアのマンションで暮らしている。

しかし彼女にとって地方暮らしは初めての経験。実家は吉祥寺にあり、生まれも育ちも東京なのだ。

「転勤が決まったときは、ついにきたか…という気持ちでした」

28歳で、日系証券会社に勤める夫と結婚を決めた時から全国転勤は覚悟していたという香澄さん。ところが意外にも4年間、転勤の辞令が出なかったので油断していた矢先だった。

「友人たちにも大丈夫なの?なんて心配されたりもしましたね。夫とは結婚3年目ですがまだ子どもはおらず、私自身も美容雑誌の編集部で割と忙しく働いていたので、見ず知らずの土地で専業主婦になるのかって考えると確かに不安はありました」

女子大在学中から美容が好きで、学生時代からアシスタントをしていた香澄さんは、編集部での信頼も厚い。

好きで、やりがいを感じている仕事ではあったが、とはいえ夫を単身赴任させて別々に暮らすという選択肢は彼女の中になかったという。

「東京に戻ったらいつでも帰っておいで、と声をかけてもらい、後ろ髪を引かれながら仕事を辞めました」

そうして東京から博多に移り住んだわけだが、香澄さんにとって、この土地での暮らしが自らの生き方を変える大きな転機となったのだ。

1/3ページ

最終更新:11/17(日) 5:20
東京カレンダー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事