ここから本文です

香港デモ、理工大キャンパスがまるで「内戦」

11/18(月) 15:42配信

ニューズウィーク日本版

<実弾使用を警告した警察はキャンパスに突入、立てこもった学生の強制排除を開始した>

11月18日未明、民主活動家数百人が立てこもった香港理工大学のキャンパスは炎に包まれ、踏み込もうとする警官隊の前進を阻んでいた。その数時間前、デモ隊が破壊力の大きな武器を使用した場合、「実弾」を使用する可能性がある、と警察は警告していた。

【動画】警官隊が大学に突入 デモ隊は火炎瓶や弓矢

今年の6月以来、香港は政府への抗議デモに揺れている。750万人都市の、若者を中心とした多くの住民が、中国の支配下で自由が奪われることに激怒している。

北京政府は政府に楯突く活動は容認しないと繰り返し警告しており、混乱の拡大を止めるためには軍隊さえ派遣するのではないかと懸念されている。

AFPによると、18日の夜明け前、いくつかの爆発音が聞こえ、香港理工大学の門が立ち上る炎で照らされた。大学構内に入ろうとした警官隊が、デモの拠点を死守しようとする学生の反撃で押し戻されたようだった。

<できるのは最後まで戦うこと>

前日の17日から包囲された理工大キャンパスを守ろうという掛け声があがり、大学がある九龍地区の各所でデモ隊と警官隊の激しい衝突が起きた。デモ隊はレンガや火炎瓶を投げた。弓矢も登場し、矢が警官の足に刺さった写真は大きく報道された。警察は、デモ隊を催涙ガスや放水で抑えようとした。

それと前後して警察は大学キャンパスを「暴動」現場と宣言し、出口を封鎖した。暴動への参加は10年以下の懲役になる。警察の報道官ルイス・ラウはフェイスブックのライブ配信で強く警告した。

「警察官への攻撃に火炎瓶や弓矢、車その他致命的な傷を負わせる武器は使用しないよう、暴徒らに警告する」

「危険な行動を続けるなら、我々は実弾射撃を含む必要最小限の武力をもって反撃せざるをえない」

これまで3人のデモ参加者が警察隊に撃たれたが、いずれも混沌とした街頭衝突のなかで起きたことで、警察が事前に全面的な警告をしたのは初めてだ。

警告で逃げる学生は逃げたが、BBCによると大学構内には100人ほどのデモ参加者が残っている。自ら残った者は覚悟を決めたようで、遺言のような言葉を記者に預けた者もあったという。またある者は、恐怖に震えている。大学占拠は警察に追い詰められた結果で、これまで得意としてきた流動的、散発的で予測不可能な街頭デモとは別の話だ。

「怖い。どこにも出口がない。できるのは最後まで戦うことだけだ」バリケードに参加したある活動家は18日の朝、大学の建物の前でこうAFPに語ったという。

香港理工大学評議会のメンバーであり、同校の学生でもあるオーウェン・リーは、立てこもっている数百人のデモ参加者はパニックに陥ったと言う。

「多くの友人たちが無力さを感じている......私たちは社会全体に訴え、助けを求めている」

最新の報道によると、警察は18日午前6時半ごろ大学に突入。強制排除を開始した。

(翻訳:栗原紀子)

ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

最終更新:11/18(月) 19:53
ニューズウィーク日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事