ここから本文です

もはや耳の一部!? 新型AirPodsはここが違う

11/18(月) 19:02配信

集英社ハピプラニュース

これ、みなさん試しましたか? Appleのワイヤレスイヤホン、「AirPods」の新型「AirPods Pro」!

【写真】新機能搭載でますます便利になった「AirPods Pro」をもっと見る

これまでもAirPodsを愛用してきた私。耳から落ちやすいことくらいしか不満に思っていなかったので、正直なところあまり興味が湧かなかったのが本音……だったのですが、2週間ほど使ってみて、もう後には戻れなくなっています(笑)。

AirPodsとAirPods Proを比べてみると、インナーイヤー型(耳にひっかけるカタチ)から、耳の穴を塞ぐカナル型になった、そしてノイズキャンセリングの機能がついたことが大きな変化。耳からはみ出す部分も短くなりました。

耳栓をしたような感じがするカナル型イヤホンが苦手だったのですが、AirPods Proはスッと耳の中に入ってくれるような自然なフィット感で、ほぼ違和感なし! 絶妙な楕円形をしたイヤーピースは3種類ついているのですが、イヤーチップ装着状態テストができるので、ぴったりなものを簡単に選べます。

ノイズキャンセリングの機能もすごいのですが、おもしろいのが「外音取り込み」という機能。

ノイズキャンセリングからこちらにシフトすると、まるでイヤホンを装着していないかのように、外の音が自然に耳に入ってくるんです。音楽を再生すれば、外の音にふんわりと音楽のベールをかけたような印象に……!

さらに“アクティブ イコライゼーション”という音の調節機能が自動で働くので、雑音でかき消されやすい人の声も聴きやすく、移動中の勉強やポッドキャストを聴くのにもぴったり。ここ半年くらい英語学習に力を入れているのですが、AirPodsでは電車が目の前を通り過ぎたとき、全然音声が聞き取れなかった、なんてことがよくあったのですよね……。

周囲の音が気になるときなどはノイズキャンセリングをオンにすれば、一瞬で静寂が広がり、自分だけの世界に浸れます。ノイズキャンセリングと外音取り込みの切り替えはAirPods Proの軸を長押しするだけ。

1/2ページ

最終更新:11/18(月) 19:02
集英社ハピプラニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事