ここから本文です

ボルボの高級ブランド「ポールスター」初の完全EVは、テスラ「モデル3」の好敵手になる

11/18(月) 12:12配信

WIRED.jp

ボルボの高級EVブランド「ポールスター」の第2弾で、完全な電気自動車(EV)の「ポールスター2」。その新モデルにスウェーデンのテストコースで試乗し終わったあと、ポールスター2のシャシーを設計したエンジニアであるヨアキム・リドホルムに運転を交代した。その走りを体験したとき、試乗の順番が逆だったらよかったのにと思った。

【画像】完全EV「ポールスター2」をもっとみる

今回の試乗のチーフテストドライヴァーも務めることになったリドホルムは、見事な出来だが気取らないセダンを駆って、すべてのコーナーを回った。そのとき、容量78kWhのバッテリーと永久磁石を用いたふたつのモーターから、トルクが完全に絞り出されているかのようだった。

厳密には、ポールスター2の最大トルクは660Nm、最大出力は408馬力とかなりのものである。路面が湿っていたにもかかわらずクルマは安定した走りを見せたが、いくつかのコーナーできしむ音を出し、リアには余裕が感じられた。

興奮冷めやらぬ体験

それに比べて、わたしがテストコースをポールスター2で周回したドライヴは、スウェーデン西部をのんびり紅葉狩りでもしているようなタイムだった。それでも路面が濡れた状態にある未体験のテストコースを無謀にもできるだけ速く走りつつ、新型EVにどうにか慣れようとしていた。猛スピードで飛ばせるようなクルマではないと誤解していたのである。

そのうえ助手席のリドホルムが、コースの速度制限についてぼそぼそと何やらつぶやいていたので、なおさら戸惑ってしまった。ところがリドホルムは自らハンドルを握ると、速度制限を完全に無視しているようだった。

もう一度あのテストコースで、この素晴らしいクルマを走らせたかった。言い訳はさておき、いま思い出しても興奮冷めやらぬ体験だったテストコースでの試乗と、イェーテボリにあるボルボの本社周辺の公道での試乗を通じて実感したことがある。それは来年発売されるポールスター2は、テスラの“手の届く”価格のEV「モデル3」にとって好敵手になるに違いない、ということだ。

1/3ページ

最終更新:11/18(月) 12:12
WIRED.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事