ここから本文です

インテリアの大敵!ルーターやモデムはおしゃれに隠す

11/18(月) 21:10配信

ESSE-online

もはや現代家庭の必需品ともいえるWi-Fi。しかし使うためにはルーターやモデムなどの機器が必要になります。
ここでは整理収納のプロであるライフオーガナイザーの下村志保美さんに、ルーターやモデムをすっきり配置・収納するためのコツを伺いました。

安全&電波を最優先!でもルーターやモデムを目立たせたくない!

家の中でスマホを使ったり、テレビやゲーム機、AIスピーカーを接続したりと、もはや家庭の必須家電ともいえるルーターやモデム。
目障りなものですが配線の都合もあり、置きたい場所や隠すことができる場所に思うように移動できないこともありますよね。上手に配置するための工夫をお伝えします。

●イケアのサイドテーブル&セリアのフェイクグリーンで目隠し!

私のオフィスは配線の都合上、ベランダ側の大きな窓に面した場所にルーターを置く必要がありました。
しかし、むき出しの状態が嫌でなんとか工夫できないかと、紙製やプラスチック製のボックスをかぶせて目隠しをしてみました。

しかし、しっかり覆ってしまうと熱がこもりそうで危険であることと、隠すことで電波が悪くなるのか、別の部屋でのWi-Fiのつがなりが悪くなりやめました。

そんなとき偶然IKEAで見かけたのがこのKVISTBRO(クヴィストブロー)。
本来の用途はメッシュの部分に収納もできるサイドテーブルのようです。

・イケア KVISTBRO クヴィストブロー 2999円(税込み)

これならワイヤーになっているので熱もこもらず、通信状態にも支障が出ません。

早速ルーターやモデムを入れてみました。

しかしやはりこれでは味気ないので、セリアで購入したフェイクグリーンで目隠しをすることに。

・セリア フェイクグリーンマット 100円(税抜き)

こちらも程よく隙間があります。

100円ショップで購入した結束バンドで固定します。

全面ではなく、室内から見える側だけ2枚使って目隠ししました。

上からのぞき込むとこんな感じです。
コードやケーブルは縛らずゆったりざっくり入れています。

1/2ページ

最終更新:11/18(月) 21:10
ESSE-online

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事