ここから本文です

【Jユース杯】シュート24本も空砲~準優勝に終わったG大阪ユースの司令塔・MF食野壮磨「攻撃陣としての不甲斐なさを感じる」

11/18(月) 12:07配信

ベースボール・マガジン社WEB

 2019Jユースカップ(第27回Jリーグユース選手権大会・11月17日福岡県北九州市ミクニワールドスタジアム北九州)の決勝に臨んだG大阪ユースは、名古屋U-18に完封負けを喫して準優勝。大会最多優勝回数をさらに伸ばすことはできなかった。G大阪ユースをけん引する司令塔は、悔しさを胸に敗因を振り返った。

準優勝に終わったものの、決勝でも攻撃スタイルを見せたG大阪ユースの選手たち(写真◎サッカーマガジン)

■2019年11月17日 2019Jユースカップ決勝(ミクニワールドスタジアム北九州)
G大阪ユース 0-4 名古屋U-18
得点者:(名)榊原杏太、村上千歩、牛澤健、松本皐誠

「なんとしても、このメンバーでタイトルを取りたい」

 細かくパスをつなぎ、人数をかけて相手陣内に攻め入る。アタッキングサードまで進入すれば、両サイドバックも絡んで攻撃に厚みを持たせる。繊細かつ力強いパスサッカーを、G大阪ユースは見せている。

 決勝でもキックオフ直後から攻撃スタイルを前面に出し、序盤は試合の主導権をつかんだように見えた。だが、この日は打てども、打てども、ゴールネットを揺らせない。前後半を通じて放った24本のシュートは空砲に終わった。それを尻目に、対戦相手の名古屋U-18はゴールを重ねる。結果的に0-4の大敗を喫し、準優勝で大会の幕を閉じた。

「決勝に来て、(得点)ゼロで抑えられたということには、攻撃陣としての不甲斐なさを感じます。シュートのところ、スルーパスのところ、本当に質が足りなかった。またトレーニングから、もっともっと高めていけるようにやっていきたい」

 主将のMF食野壮磨は、そのように敗戦を振り返る。立ち上がりに右サイドのMF福井和樹やサイドバックの奥田勇斗が果敢にゴールを狙ったシーンでも、シュートをお膳立てしたのは“司令塔”の食野だった。G大阪ユースの攻撃の核となる存在。それだけに、完封負けの責任の所在を自らに向けた。

「みんなで100パーセントの力を尽くしてやってきたことが、決勝進出につながったと思います。でも、もっと日々の練習からこだわってやっていかないと、優勝はできないということを強く実感しました」

 しかしながら、いつまでも逃したタイトルを引きずってはいられない。残りわずかとなった高校生活において、最後のタイトルを争う戦いが、すぐにまたやってくる。11月23日に再開される高円宮杯プレミアリーグWESTでは現在2位。頂点を取るためには、首位を走る名古屋U-18の牙城を崩さなければならない。

「なんとしても、このメンバーでタイトルを取りたい思いが強い。プレミアリーグはまだ4試合残っていて、最後に名古屋戦があります。その前に3試合すべてで勝ち切らないと、優勝争いはできない。これから切り替えて、最後の試合で名古屋にリベンジして、優勝を勝ち取りたいです」

 高円宮杯プレミアリーグで高校生活の有終の美を飾るべく、食野はさらに攻撃スキルを磨いていく。

取材◎小林康幸

サッカーマガジン編集部

最終更新:11/18(月) 12:07
ベースボール・マガジン社WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事