ここから本文です

専門家が徹底解説! 【肩こりの原因と対処法】スマホ首には要注意!時間と場所を選ばないストレッチをご紹介♪

11/18(月) 19:10配信

with online

世代を問わず、悩んでいる人も多いツラ~い肩こり。ほおっておくと痛みやコリも蓄積され、悪化するばかりですよね。そこで今回は、肩こりの原因から解消法の筋トレやヨガ、ストレッチにツボなど多数紹介しています。各方面のスペシャリストの方々から伺ったアドバイスも! スマホを毎日よく使う人こそ、必見です。

今、女性に多い肩こりの原因

【肩こりの原因】スマホ首って?

スマホ首とは、「スマホの使い過ぎによってうつむき姿勢が続き、首の筋肉などに異常が出ることを言います。首の筋肉が前に引っ張られて緊張しているので、血流が悪くなり、肩こり、頭痛や肌トラブルの原因にも。また、自律神経が集まる首の筋肉が硬くなると、自律神経のバランスが崩れ、イライラ、不眠など、さまざまな不調が起きてくるのです」と話すのは、「スマホ首」の名付け親である整体師の鄭信義先生です。「with世代のほとんどが、スマホが原因で首の不調を抱えています」とはいうものの、スマホを使わないのは無理な話ですよね。そこで不調が深刻化する前に、正しいスマホ姿勢や首のケアを習慣にしていきましょう!

\ 教えてくれたのは! /

鄭(チョン)信(・シ)義(ニ)先生
整体師。「御影整体学院」学院長。院長を務める「リラクゼーションサロン 御影フィール」は、「ストレス緩和」を目的とした的確かつ心地よい施術で常に1年以上予約がとれないほどの人気サロン。著書に『”スマホ首”があらゆる不調を引き起こす!』(講談社)がある。

スマホ首が肩こりの原因に

首には7つの骨で構成された頸椎があります。正常な頸椎は、ほどよくカーブを描いて、頭の重みを分散させながら重い頭を支えています。この状態なら首の前側にある「胸鎖乳突筋」も健全で正常な首といえるでしょう。それに対してスマホ首とは、うつむき姿勢が続くことで、首の前側にある「胸鎖乳突筋」がガチガチに硬くなる状態をさします。放っておくと硬くなった筋肉に首の関節が引っ張られ、頸椎のカーブがなくなりストレートネックへと進行していき、肩こりや首こりが発生。このうつむいてスマホを見るという行為は、首に3倍も負荷をかけているんです!長時間の下向き姿勢はヒトにとって不自然な行為のため、首や肩への負荷が増え、血流が悪化して老廃物がたまり、不調が悪化すると慢性的になってしまうことも。スマホ首になると、ほかにもこんなトラブルが…!

《下腹が出る・お尻が垂れる》
長時間下向きのスマホ首姿勢を続けていると、腹筋や背筋など、姿勢を保つ筋力の低下の原因に。下腹が出て、お尻も垂れやすくなってしまうんです。

《自律神経の不調》
首は自律神経が集まるトコロ。ここが、硬い筋肉に圧迫されると自律神経のバランスが崩れ、イライラ、疲れやすい、不眠などの不調がでてきます。

《顔のたるみ》
うつむき姿勢が続くと、顔の水分があごのほうに下がり、フェイスラインがたるみます。また表情筋も衰えて、ほおのハリもダウン。

《肌トラブルの増加》
首の血管やリンパ管が圧迫されるので、血液やリンパの流れが悪化します。老廃物の排出がスムーズにいかず、肌トラブルが起きやすくなってしまう原因に。

《首にしわ》
年齢に関係なく、下向きの姿勢が続くと、首の前側にしわができやすくなります。一度できてしまうと、しわをのばすのは大変なので要注意!


色々と深刻な不調が出てくることが分かったところで…次は!

1/3ページ

最終更新:11/18(月) 19:10
with online

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事