ここから本文です

買ってはいけない!?片付け名人が教える「実は使いにくい収納グッズ」

11/18(月) 21:32配信

サンキュ!

部屋の整理をするうえで欠かせない各収納グッズ。しかし、よかれと思って購入した収納グッズのせいで逆に部屋が散らかってしまったり、使うたびにストレスを感じたりしてしまうことは、ままあること。

【画像集】それムダかも!「やめてよかった」5つの家事

そんな悲しい事態を避けるために、家事代行サービスを展開するカジタクに所属する、片付け名人の山口さんに「実は使いにくい収納グッズ」を教えてもらいます。


■教えてくれたのは…片付け名人の山口さん
カジタクに所属する、予約半年待ちの「片付け名人」。定期家事代行、整理収納サービスの経験を活かし現在は新人スタッフの教育を行うトレーナーも担当。整理収納アドバイザー1級ほか、整理収納の資格を多数保有している。

実は使いにくい収納グッズ1:引き出し内に仕切りをつくるグッズ

100均などで売られている、たくさん切り込みがあって、好きなところで交差させることによって間仕切りができる収納アイテム。手軽に取り入れられるので、使っている人も多いと思いますが、じつはコレうまく使うのにはコツが必要です。

実際に使ってみると、構造上ぐらぐらして安定性が弱いため、ものを支えるというよりは、もので支えるような使い方をしなければ、仕切りとして機能させるのがむずかしいのです。また軽くて浮きやすいので、仕切りの下にものが挟まったり、小さなものが隣の枠へくぐり抜けて行ってしまうことも。

そのため、使いこなすためには、各仕切りに入れるものをしっかりと整理して、計画的に収納をする必要があるのです。

もしその手間がかけられないようであれば、筆者としては底面のある箱形の仕切りトレーや、空き箱などを使うほうが、安定性もあって手軽に使えるので、そちらをおすすめします。

実は使いにくい収納グッズ2:底面積が小さい収納ケース

収納グッズはデザイン性も大事ですが、逆さの台形のような、投入口よりも底面積が小さくなっている収納ケースは扱いに注意が必要です。

投入口が大きいので、一見するとたくさん入りそうですが、底面積が小さいので収容できる量は当然少なくなってしまいます。そのため、あっという間にものがあふれて見た目も汚くなってしまう…なんてことになりかねません。

収納ケースを選ぶときは、できるだけケースの投入口と底面積が同じ寸胴(ずんどう)タイプのものを選ぶようにすると、収納スペースを最大限に活用できます。また、丸いものよりも、四角いもののほうがより多く収容できます。

収納は空間を四角く区切って行うのが効率的なので、四角いもののほうが限られたスペースを最大限に活用できるわけです。

1/2ページ

最終更新:11/18(月) 21:32
サンキュ!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事