ここから本文です

サガからハリウッドへ! アニメ『ゾンビランドサガ』からフランシュシュのメンバーが映画『ゾンビランド:ダブルタップ』で声優デビュー決定!!

11/18(月) 21:40配信

アニメージュプラス

11月22日(金)より全国公開となる映画『ゾンビランド:ダブルタップ』で、TVアニメ『ゾンビランドサガ』内のアイドルグループ『フランシュシュ』のメンバーがゾンビ役で声優デビューすることが決定し、それに合わせて、特別コラボ映像&ポスターが解禁となった。

映画『ゾンビランド:ダブルタップ』は、『ヴェノム』の監督と『デッドプール』の脚本家、さらには全員アカデミー賞俳優であるウディ・ハレルソン、エマ・ストーン、ジェシー・アイゼンバーグ、アビゲイル・ブレスリンという“超一流”たちが贈る、ゾンビ社会を生き抜くためにルールさえ守れば何でもアリの作品。
一方のTVアニメ『ゾンビランドサガ』は、「ゾンビとなった伝説の少女たちが、アイドルとなり、佐賀県を救う!?」という新感覚ゾンビアイドル系アニメで、2018年10月~12月に放送され、アニメ総選挙2018年間大賞やアニメアワード作品賞(TVアニメ部門)など数々の賞を受賞した話題作だ。

今回、ともに日米を代表する<ゾンビランド>作品のコラボが実現したのは、映画『ゾンビランド』の続編である映画『ゾンビランド:ダブルタップ』の公開決定の発表の際に、Twitter上で『ゾンビランド続編』というキーワードが大きな話題となり、TVアニメ『ゾンビランドサガ』の続篇か!?  との勘違いも生まれたが、その翌日に本当にTVアニメの続篇『ゾンビランドサガ リベンジ』の制作決定の発表が行われたという“奇跡すぎる偶然” という因縁から。

コラボ映像では、TVアニメ『ゾンビランドサガ』に登場する謎のアイドルプロデューサー、巽 幸太郎(声:宮野真守)が、自身がプロデュースするアイドルグループ “フランシュシュ” にビッグな仕事を持ってきたと告げる。それは、まさかのハリウッドデビュー! 映画『ゾンビランド:ダブルタップ』の日本語吹替版でゾンビ役の声優の仕事が決まったのだ。メンバーの二階堂サキ(声:田野アサミ)は、いつも隠せと言われるゾンビィをやらせるのかと反発し、源さくら(声:本渡 楓)は「どやんすどやんす~」と唐津弁で慌ててしまう。
そんなメンバーに「佐賀を世界に売り込むチャンスなんだ!!」と、早速練習を始めさせる幸太郎。メンバーは映画の映像に合わせてゾンビの声を練習するが、正体はゾンビィである彼女たちも初めての吹替の声当てはさすがに上手くいかず、「もっと死んだ気で行けー!!」「ゾンビィらしくやらんかーい!」と、いちいち幸太郎にダメ出しされ、しかも全員分の役はないと告げられてしまう。
果たして、フランシュシュからハリウッドデビューするのは誰なのか……!?

特別コラボポスターでは、映画『ゾンビランド:ダブルタップ』のキャストに加えて、背後から迫りくるのは7人の “ゾンビィ” たち。さくら、サキ、愛、純子、ゆうぎり、リリィ、たえ、とフランシュシュのメンバー全員がゾンビィ状態で登場し、背景にそびえるのはまさかの佐賀県庁と、作品世界を超えたコラボビジュアルとなっている。

また、ソニー・ピクチャーズ映画部公式Twitterでは、映画『ゾンビランド:ダブルタップ』の公開初日11月22日(金)よりキャンペーンを実施。映画『ゾンビランド:ダブルタップ』日本語吹替版の映画内で、ゾンビ役の声優を務めているフランシュシュのメンバー2人(キャラクター名)を当てると、コラボポスターが抽選でプレゼントされる。

(C)2019 CTMG, Inc. All Rights Reserved. (C)ゾンビランドサガ製作委員会

アニメージュプラス 編集部

最終更新:11/18(月) 21:40
アニメージュプラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事