ここから本文です

芸能界を去って20年、上岡龍太郎の「見事な生き方」に学ぶ

11/18(月) 12:01配信

現代ビジネス

 いまもときどきあの毒舌が聞きたくなる。それまでの地位や人気に固執せず、スパッと芸能活動をやめた上岡龍太郎さん。なぜいまでも愛され続けるのか。発売中の『週刊現代』では、上岡さんの軌跡を振り返りながら、その秘密を探る。

山口百恵さんが、40年ぶりの「写真集」に込めた家族への愛情

本当に戻ってこなかった

 表舞台から身を引いてまもなく20年が経つというのに、いまだに「あの人の姿をまた見てみたいな……」と懐かしがられる人がいる。

 「芸は一流、人気は二流、ギャラは三流」というキャッチフレーズで、'80~'90年代のテレビ界を席巻した、上岡龍太郎(77歳)その人だ。

 ダウンタウンの松本人志(56歳)が、関西で30年以上続く人気番組『探偵! ナイトスクープ』の3代目局長に就任したと発表されたのは、10月25日のこと。

 サプライズ人事に「松ちゃんが大阪のゴールデン番組に帰ってきた!」と手を叩いて喜んだファンは多いが、その一方で、ネット上ではこんな声があがったことも事実だ。

 〈上岡龍太郎が初代局長を務めていたあの時代が懐かしいなあ……〉

 2000年4月、突然芸能界を去った上岡さん。人気絶頂期の引退だっただけに、しばらくしたらまた復帰するのだろうと思っていた人も多いのではないか。だが、彼は自身の言葉通り、その後テレビの世界に姿を現すことはなかった。

 翻って世の中を見渡せば、いつまでも自分の地位に恋々としがみついたり、「元○○」の肩書にこだわって、引き際を失いずるずると余生を送る人が大半だ。だからこそ上岡さんの「見事な引き際」から学ぶべきことは多い。

過激さとインテリジェンス

 高校卒業後、ロカビリーバンドのメンバーとして活動していた上岡さんは、1960年、横山ノックに誘われ横山フックと「漫画トリオ」を結成。正統派漫才で上方芸能界に旋風を起こした。

 '68年に漫画トリオが解散すると、上岡龍太郎の名前で活動を開始。立て板に水のごとき流暢な話術と、博覧強記に支えられたユーモアと毒舌が受け、「恵まれない天才、上岡龍太郎です」の決まり文句とともに、関西芸能界のトップタレントとなる。

 毎日放送の元プロデューサー、影山貴彦・同志社女子大学教授がその魅力を振り返る。

 「『芸人なんて暴力団と一緒や』『政治家になった芸人はおるけど、芸人になった政治家はおらん。だから、芸人のほうがエラい』といった、過激さのなかにユーモアとインテリジェンスがある発言で人気を呼びました。

 『ナイトスクープ』の初代局長を筆頭に、笑福亭鶴瓶さんとのトーク番組『鶴瓶上岡パペポTV』、島田紳助さんと毎週実験的な企画に挑んだ『EXテレビ』など、テレビバラエティ史に残る番組のメインをいくつも務められた。

 30代以上の関西人で、上岡さんの番組を見たことがないという人はほとんどいないと思います」

1/4ページ

最終更新:11/18(月) 17:10
現代ビジネス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事