ここから本文です

B&W、aptX Adaptive対応/3種のノイキャンモード搭載のBluetoothヘッドホン「PX7」「PX5」

11/18(月) 12:00配信

PHILE WEB

ディーアンドエムホールディングスは、英Bowers & Wilkinsのノイズキャンセリング機能搭載Bluetoothヘッドホン「PX7」および「PX5」を、11月末より発売する。価格はオープンだが、PX7は60,000円前後、PX5は50,000円前後での実売が予想される。

ともに3種類の適応型ノイズキャンセリングモードを搭載。車の騒音や回りの音を聴くことができる「低」、内蔵する4つのマイクを利用したセンサーが環境に応じてノイズを除去する「オート」、周りのエンジン音や一定に発する騒音を強力に遮断する「高」を専用アプリから選択できる。

またBluetoothは音切れに強く低遅延、かつ高音質を謳うaptX Adaptiveに対応。aptX HD、aptX(Classic)、AAC、SBCもサポートする。ほか、通話や会話のためイヤーカップを持ち上げたり、首の回りにかけると音楽再生が一時停止され、装着しなおすと再生が再開されるといった仕様も共通となる。

PX7は43mmフルレンジドライバーを搭載し、再生周波数帯域は10Hz - 30kHz、インピーダンスは20Ω。歪率は0.3%(1kHz/10mW)で、感度は111dBとなる。バッテリーはBluetooth接続/ANCオンで最大30時間の音楽再生を実現。15分充電で5時間再生可能な急速充電にも対応する。カラーはスペースグレーとシルバーの2色展開、本体質量は310g。

PX5は35mmフルレンジドライバーを搭載。再生周波数帯域は10Hz - 30kHz、インピーダンスは20Ω。歪率は0.3%(1kHz/10mW)で、感度は111dBとなる。バッテリーはBluetooth接続/ANCオンで最大24時間駆動し、15分充電で5時間再生可能な急速充電もサポート。カラーはスペースグレーとブルーをラインナップ、本体質量は241g。

編集部:押野 由宇

最終更新:11/18(月) 12:00
PHILE WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事