ここから本文です

<まだ結婚できない男>桑野(阿部寛)、ついに恋愛モード突入?「ひとたび恋に落ちた日には…」

11/18(月) 19:02配信

ザテレビジョン

阿部寛が主演を務める「まだ結婚できない男」(毎週火曜夜9:00-9:54※11月19日[火]は夜9:30-10:24、フジテレビ系)の第7話が、11月19日(火)夜に放送となる。

【写真を見る】“桑野”阿部寛の「これが本当のハロウィンだ」コスプレに視聴者爆笑「本気を見たww」

ドラマ「まだ結婚できない男」は、2006年に放送された「結婚できない男」の続編。53歳となり、偏屈さに磨きがかかった独身の建築家・桑野の日常を描く。

独身生活を謳歌(おうか)する桑野だが、将来については不安を感じないでもない。そんな中、偶然出会ったまどか(吉田羊)や有希江(稲森いずみ)、早紀(深川麻衣)ら女性たちとの間で、桑野の運命の歯車が動き始める。

注目の第7話では――

ある日、桜子(咲妃みゆ)から、店舗デザインの仕事を持ち掛けられた桑野(阿部寛)。人が住む家を作ることがポリシーの桑野は断るが、報酬が期待できるからという映子(阿南敦子)の圧に押され、とりあえず話を聞くことにする。

桑野の建築にほれ込んでいる依頼主の大島(岡部たかし)は、現在営業している店を閉め、全面的に作り替えると言う。

話を聞くうちにがぜんやる気になった桑野だったが、改装前の店の写真を見せられがくぜん。その店とは、有希江(稲森いずみ)のカフェだった。

激しく動揺した桑野は、有希江に打ち明けようとカフェを訪ねるが、店にまどか(吉田羊)と早紀(深川麻衣)がおり、言い出せずにいるうちに、話は思わぬ方向へ。なぜか桑野が自らの恋愛観を暴露する展開となり、気まずくなった桑野は、目的を果たせないままカフェを後にする。

事情を知らない有希江は、店の譲渡契約の直前になって店を退去するよう命じられ、困っていた。オーナー会社内のゴタゴタで、新店舗オープンの話が浮上していると言う。

まどかは裁判で争うこともできると有希江を励まし、2人は新店舗の図面を見ることに。するとそこには桑野の名前が…。

そのころ桜子は、自分たちの結婚をなかなか桑野に報告しない英治(塚本高史)にいら立っていた。そもそも結婚に否定的な桑野が、自分たちを祝福してくれるはずもないという桜子に、英治は複雑な胸の内を明かし…。

――という物語が描かれる。

公式HPなどで公開されている予告動画には、桑野の「孤独な男は、ひとたび恋に落ちた日には…」というセリフとともに「ついに恋愛モード突入か!?」とテロップが…。

いよいよ桑野の恋が始まるのか…?「まだ結婚できない男」第7話は、11月19日(火)夜9:30よりフジテレビ系で放送。

(ザテレビジョン)

最終更新:11/18(月) 19:02
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事