ここから本文です

「ながら運転」が厳罰化!知らないとマズイ改正道交法の基礎知識

11/18(月) 6:01配信

ダイヤモンド・オンライン

● 前歴なしのドライバーでも 即座に免停30日

 12月1日、改正道路交通法が施行される。今後は、ながら運転に対する罰則が厳しくなる。

【この記事の画像を見る】

 ながら運転とは、主にスマートフォンなどを持ちながら、通話をしながら、メールを確認しながら、という行為を指す。携帯電話が普及しはじめた当初から、「運転中に通話をすると危険だ」と指摘されてきた。現在の道交法は、ながら運転に対する違反点を保持と交通の危険に分けて違反点数を設定している。“保持”とは、通話をしていたり、画面を注視している状態。違反点数は1点、罰則は5万円以下の罰金、反則金は普通車6000円などとなっている。“交通の危険”は、通話や画面を注視していたために交通の危険を生じさせる行為。違反点数は2点、罰則は3ヵ月以下の懲役または5万円以下の罰金、反則金は普通車9000円などである。

 改正後はどうなるか。

 保持の場合、違反点数は3点、罰則は6ヵ月以下の懲役または10万円以下の罰金、反則金は普通車1万8000円に引き上げられる。簡単にいうと、3倍厳しくなった。ただし、保持の場合の罰則は、違反を繰り返した場合に適用される可能性がある、というレベルだ。

 交通の危険の場合、違反点数は6点、罰則は1年以下の懲役または30万円以下の罰金になる。反則金を収めれば済む交通反則通告制度の適用外になり、刑事手続きの対象事案になる。

 違反点数6点という設定は、無保険、無車検などと点数上は同じ扱いで、前歴なしのドライバーでも即座に免停30日になる。なお、保持の場合の違反点数3点は、前歴2回のドライバーだと免停120日だ。

● 運転中はハンズフリー通話か ドライブモードの選択を

 ながら運転に対する厳罰化が実施された背景には、被害者の遺族らが罰則強化を望んでいる事情があり、ながら運転による交通事故が増えている現状(2018年は2790件、過去5年間で約1.4倍増)がある。また、携帯電話使用時の死亡事故率は、未使用時の約2.1倍に跳ね上がる(警察庁)というデータもある。

 スマホの個人普及率は75.1%(2017年、総務省)だが、モバイル端末全体で見ると94.8%(同)に達する。携帯電話は情報端末というレベルを超え、生活に不可欠のインフラといっていい。運転中はハンズフリー通話か、ドライブモードの選択を忘れずに。

 (CAR and DRIVER編集部)

CAR and DRIVER

最終更新:12/3(火) 19:25
ダイヤモンド・オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事