ここから本文です

年収1800万円から無職へ、生活レベルを下げない40代夫婦「破滅への道」

11/18(月) 6:01配信

ダイヤモンド・オンライン

 上手にお金のやりくりをしたり、家計を健全化したりするには、まずは現状の把握が不可欠です。つまり、「今を見る」ことがとても大切。それができたら次は、「先の見通しを立てる」ことが重要になります。そうして見据えた将来のために、計画を立ててお金を準備していくのが家計管理です。

 しかし、お金が貯められない人は、そうした思考や行動がうまくできません。今の状況を把握することも苦手、先の計画を立てることも苦手。今の暮らしに満足できれば問題ないと考えている人もいます。ただ、その「今が満足」な状況をいつまでも続けられるわけではありません。この考え方を修正していかないと、のちに痛い思いをするのはご自身です。

● 年収1800万円から収入ゼロへ 税金滞納しても生活レベルを下げられない

 支出が多いため、家計に目を向けたくはないけれど、やはり改善が必要だと感じ、私のところへ家計相談に来たというAさん(47歳)。Aさんは、少し前まで外資系企業に勤めていましたが、職場環境が変わり、仕事がしづらくなったことを理由に転職しようと退職しました。ご家族は、パートをしている奥さん(46歳)、高校1年生、3年生のお子さん2人です。

 これまで年収は1800万円ほどもありました。ですが、あれこれとお金を使いすぎていたのか、現在貯金は200万円ほどしかありません。退職金も出ましたが、それも1000万円ほど。無職の間に頼れる生活資金は、1200万円しかありません。

 ならば、仕事が見つかるまで、限りある資金をどう使うと長持ちさせられて、お子さんの進路を妨げないか。そうしたお金の使い方、貯め方を検討するために、まずはご本人が希望する家計改善のイメージを持ってほしいとお伝えしました。ですが、話をしているうちに「なんとかしたい」というよりも、「(私に)なんとかしてほしい」という考えが垣間見え、全く当事者意識を持てていないことがわかりました。

 また、Aさんは「すぐに仕事を見つけよう」と職探しを懸命にしていますが、自分が希望するような職場からはいまだに採用されていません。一方で、家族はこれまでと変わらず生活費を使っており、貯蓄はどんどん減っていっています。家族の誰もが危機感を持ってくれない状況下で、職が見つかる前に貯金が底をつけば、個人的に保有していた株を売って生活費に充てればいいか、と考えているようでした。

 そうこうしているうちに、Aさん宅に住民税の納付書がきました。金額にして150万円ほどです。Aさんは「一気に資金繰りの計画が狂った」と感じました。

 4期に分けて納付ができるのですが、それでも高額で、払えば生活が成り立たなくなると考えて、いったん支払いは「保留」することにしたそうです。税金は、債務とは異なり、支払い責任を逃れることはどんな事情があってもできないのに、考えが安易すぎです。支払いを延ばせば延滞税がつくことをお伝えしても、「今は難しい」の一点張りで払おうとしません。

● 貯蓄は減る一方で、職は決まらず 息子の塾代を払い続けるどころではない

 このように、避けることができない住民税の支払いを無視している一方で、大学受験を控えた息子さんの塾代は懸命に払い続けています。今は収入がないにもかかわらずです。

1/2ページ

最終更新:11/18(月) 6:01
ダイヤモンド・オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事