ここから本文です

C・ロナウド、サッリ監督との不仲説でメディアに苦言 「君たちが論争を生み出した」

11/18(月) 20:30配信

Football ZONE web

途中交代のシーンをきっかけにロナウドとサッリ監督の不仲説が浮上するも…

 ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、自身とマウリツィオ・サッリ監督との不仲説に言及。メディアが火のない所に“煙を立てた”と述べている。英紙「デイリー・エクスプレス」が伝えた。

【動画】ユベントスから罰金はなし! 途中交代を命じられたC・ロナウドがロッカールームに直行した“問題”のシーン

 不仲説が取り沙汰されたのは、現地時間10日に行われた第12節ACミラン戦(1-0)でのこんなシーンがきっかけだった。この試合に先発出場したロナウドだったが、プレーに精彩を欠き、後半10分にアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラとの交代を命じられた。

 ロナウドにとって後半10分での交代は、ユベントス加入後最速であり、さらに公式戦ではUEFAチャンピオンズリーグ(CL)のロコモティフ・モスクワ戦に続き、2試合連続の途中交代となった。十分なプレーができていなかったロナウドだが、交代の際には腕を振り上げて不満をアピール。何か言葉を吐き、マウリツィオ・サッリ監督に鋭い視線を向け、ベンチに戻ることなく、まっすぐにロッカールームへ続くトンネルへと姿を消した。そして、試合が終わる前に会場を後にしたと現地では報じられていた。

 サッリ監督は試合後に、これらの交代はロナウドが膝に故障を抱えたままプレーしていたからだと説明していたが、世間の大多数からは、ロナウドと監督との間にはもっと大きな問題があると見られていた。

 しかし、ロナウドは「ここ3週間、制限してプレーしている。全く不仲などなかったのに、君たちが論争を生み出したんだ」とメディアに苦言を呈し、こう続けている。

「例え、怪我を抱えたままプレーしていてもユベントスを助けようとしていた。交代させられるのを好きな選手はいないが、なぜそうなったのか分かっている。(コンディションが)よくなかったからだ。いまだに100%ではないが、クラブやチームのための犠牲となれば、私は誇りを持ってそうする」

ロナウドが自ら説明 「1回や2回なら予期せぬ出来事だってある」

 さらにロナウドは「ユベントスは、(セリエAで)インテルに大きなプレッシャをかけられている。(勝ち点は)2ポイント差だが、簡単にはいかない」と語り、「なぜなら、もし負けたり引き分けとなれば、彼らは私たちを追い抜いてしまう。だから、私は自分を犠牲にするんだ。代表チームでは2試合のうち1試合で勝てなければ、敗退するところだった」とコメントしている。

「私は年間50、60試合でプレーするが、1回や2回なら予期せぬ出来事だってある。痛みのせいで100%を出せないんだ。しかし、常に(チームを)助けようとしている。この話題について人々は多くの議論をするが、私がメディアであまり話さないことは知っているだろう」

 注目を集めた不仲説だが、ロナウドは自らの言葉で一蹴していた。

Football ZONE web編集部

最終更新:11/18(月) 20:30
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事