ここから本文です

日本の18歳久保建英も選出。英紙が選んだ「来年注目の若手選手20人」

11/18(月) 12:23配信

フットボールチャンネル

 英紙『デイリー・メール』では「2020年に注目すべき最高の若手選手20人」と題し、今後の活躍が期待される16歳から19歳までの選手たちを17日付で選出した。日本代表MF久保建英もその中に選ばれている。

【動画】久保建英、鮮やかドリブルでゴール演出!相手DFを翻弄する超絶テクを披露

 英紙の選んだ20人にはブラジルの優勝で幕を閉じたU-17ワールドカップに出場していた選手たちのほか、すでにトップレベルで活躍を見せている選手たち、今後のデビューが見込まれる選手たちなどが含まれている。

 アジアから唯一の選出となった久保については「日本のメッシ」として紹介。バルセロナ下部組織での活躍から、クラブの補強規定違反による日本帰国、15歳でのJリーグデビュー、古巣の宿敵レアル・マドリーへの移籍、マジョルカへのレンタルまでの軌跡を紹介し「18歳にしてすでに波乱万丈のキャリア」と述べている。

 リーガエスパニョーラですでに活躍している選手としてはバルセロナのU-21スペイン代表FWアンス・ファティも選出。他にはザルツブルクのハンガリー代表MFドミニク・ソボスライ、U-17ワールドカップ得点王に輝いたオランダのFWソンチェ・ハンセン、PSVのMFモハメド・イハッターレン、レンヌのMFエドゥアルド・カマヴィンガ、バルサからパリ・サンジェルマンの下部組織へ移籍した神童シャビ・シモンズなどが選ばれた。

 来年は久保などの出場が見込まれる東京五輪も開催される。多くの若手選手が世界の舞台で飛躍する1年となるかもしれない。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:11/18(月) 12:23
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事