ここから本文です

堂安律&久保建英か、それとも……。五輪代表、2シャドーというパズル。

11/18(月) 20:01配信

Number Web

 選手ひとりひとりのポテンシャルも、このチームが積み上げてきたものも、まるで出せなかった――。それが0-2で敗れたU-22コロンビア代表戦の率直な印象だ。

【写真】U-17時代のヤンチャ可愛い堂安、中島、柴崎、南野に12歳でバルサ君臨の久保、ロン毛時代の長谷部&本田にギラついた頃のカズ、ラモス、川口。

 「東京五輪で金メダルを獲得するという目標は、私だけのものなのか、チームで共有しているものなのか」

 あまりに不甲斐ない内容に、森保一監督は試合後、選手たちに問いかけた。実際、これまで何度もU-22日本代表の活動を取材してきたが、コロンビアが好チームだったことを差し引いても、ワーストに近い内容だった。

 '17年12月にチームが立ち上げられて以来、11回目の活動にして初めて行なわれる国内での親善試合。堂安律、久保建英、板倉滉といったA代表組を招集し、森保一監督が「ベスト」と称したメンバーを揃えた。

 '19年10月には敵地でU-22ブラジル代表を3-2で撃破してもいる。さらには、この日のスターティングラインナップに、堂安と久保の名前が記されていた――。

 この試合に向けて期待が高まる理由は、いくつもあったのだ。

“ラボ”の象徴となった堂安と久保。

 しかし、大きく膨らんだ期待は、あっけなく弾け散った。

 「素晴らしい雰囲気を作ってもらったなか、勝たなければならないとプレッシャーになったのか、入りが硬くなってしまった」と指揮官はメンタル面の問題を嘆いたが、その一方で、“ラボ(=実験室)”の色が濃かったのも事実だ。

 その最たる例が、堂安と久保の2シャドーでの同時起用である。

 久保がこのチームに合流するのは'18年11月のUAE遠征、'19年3月のミャンマー遠征に続いて3度目。堂安にいたっては初めての合流で、チーム戦術への理解度や周りとの連係度は決して高くない。

 しかもコロンビア戦に向けた合宿は11月11日の月曜からスタートしたが、欧州組であるふたりが練習に合流したのは13日の水曜から。久保は14日のサンフレッチェ広島との練習試合で約15分間だけピッチに立ったが、堂安は出場を見合わせている。

 つまり、コロンビア戦はぶっつけ本番だったのだ。

1/3ページ

最終更新:11/18(月) 20:01
Number Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事