ここから本文です

パ・リーグ6球団の最後のMVPは誰?

11/19(火) 11:01配信

週刊ベースボールONLINE

11月26日に開催される「NPB AWARDS 2019 supported by リポビタンD」で2019シーズンのMVPが発表される。令和初の栄誉に輝くのは誰か、非常に注目されるが、ここではパ・リーグ6球団で最後のMVPに選ばれた選手を見ていこう。

張本勲コラム「落合博満のバッティングは誰もが見習うべきものだ」

千葉ロッテマリーンズ

 レギュラーシーズンで勝率1位となったのは前期後期制だったオリオンズ時代の1974年までさかのぼらなければならないということもあり、MVPからは12球団でもっとも遠ざかっている。だが、最後のMVP受賞者は球史に残る破格の数字を残した。85年の落合博満だ。この年、落合は打率.367、52本塁打、今でもパ・リーグ最多記録の146打点で82年に続く2度目の三冠王を獲得。101四球で出塁率.481、長打率は.763という驚異的な打棒でロッテ打線をけん引した。チームは2位に終わってリーグ優勝を逃したが、やはり82年以来2度目のMVPを手にしている。翌86年も2年連続、通算3度目の三冠王に輝いているが、MVPは逃した。

東北楽天ゴールデンイーグルス

 今後も破られることがないであろう、シーズン24勝0敗という完全無欠のレコードで、2013年に楽天を球団初の球団初のリーグ優勝、日本一に導いた。9月26日の西武戦(西武ドーム)では1点リードで迎えた9回に登板し、見事に胴上げ投手となった。シーズン勝率10割は史上4人目、無敗での最多勝は史上初の快挙。この年、最多勝、最優秀防御率、勝率第一位と投手タイトルを独占し、文句なしのパ・リーグMVPとなる。さらにはわずか10分の選考により、満場一致で沢村賞に選出された。

オリックス・バファローズ

 2014年のリーグ2位躍進に大きく貢献した。4月4日の西武戦(西武ドーム)で自己最多の14奪三振での完封でシーズン初勝利。自身に勝ち負けこそつかなかったが、5月31日には巨人との交流戦(京セラドーム)で9回無安打無得点の快投を見せるなど、エース・金子千尋(現・弌大、日本ハム)がシーズンを通して安定した投球を続けた。結果、16勝(5敗)で最多勝利、防御率1.98で最優秀防御率のタイトルを獲得。沢村賞も受賞し、チームはリーグ優勝を逃したにもかかわらず最優秀選手に。エースの奮闘なくして、チームの大躍進はなかった。

1/2ページ

最終更新:11/19(火) 11:01
週刊ベースボールONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事