ここから本文です

もしも菊池涼介が去ったなら。広島のセカンドはどうなる?

11/19(火) 11:03配信

週刊ベースボールONLINE

最も現実的なプランは……

 広島の菊池涼介のポスティングによるメジャー挑戦の希望が、球団によって認められ、日本の誇る名セカンドは海の向こうを目指すことになった。今後、どのチームが手を挙げてくるかは注目だが、では、菊池涼が抜けた場合、カープのセカンドはどうなっていくのだろうか。球団は、ポスティングが成立しなかった場合は残留も受け入れる姿勢を見せているが、獲得へ名乗りを上げる可能性のあるチームもいくつかウワサされているだけに、対応は考えておかなくてはならないだろう。

広島・セットアップと一番打者が固まれば、一気に理想型ができる!/12球団の2020プラン

 菊池涼は誰もが知る卓越した守備力を誇り、近年は「二番・セカンド」として、ほとんどのゲームに出場してきた。そのため、彼が抜けた場合、公式戦でセカンドを守ったことがある選手も、二番を打ったことがある選手も数えるほどしかおらず、ほぼ白紙の状態から、「セカンド争奪戦」がスタートすると言っていい。佐々岡真司新監督は、まだ具体的なプランは出していないので、あくまで予測となるが、展望してみたい。

 最も現実的なプランは、現在3人いるショートの中から誰かをセカンドに回す、というプランだろう。3人のショートとは、小園海斗、三好匠、そして、この夏に右ヒザ手術を受け、復活を目指す田中広輔だ。田中広はすでにノックを受けたり、少し走ったりは可能な状態になっており、順調にいけば来春キャンプから本格的な動きもできる見込みで、そうなれば来季のレギュラー争い参戦も可能だ。

 その場合、長期的なチームづくりの視点だけからいえば、小園には次代のショートとしてさらに経験を積ませ、FAも遠くない田中広をセカンドに回して、同時に次代のセカンドを育てる、というのが理想的だが、今の時点で、小園に「ハイどうぞ」とショートを渡すのでは田中広のプライドが許すまいし、小園のためにもなるまい。田中広自身が「セカンドで出る」を選ぶなら別だが、ここは、どちらが勝つにせよ、まずショートで競争、その後どちらかがセカンドへ、という段階を踏むことは必要になってくるだろう。

 その場合、まずは他の選手でのセカンド争いが生まれることになるが、そこで最初に考えられるのが三好だ。もともと守備力には定評があり、セカンドもこなせる。もちろん菊池涼と同等を求めるのは酷だが、最も守備力を低下させない選択だと言えよう。その場合、課題は昨年、打率.182に終わった打撃か。ただ、三好は決して「打力が弱い」という感じの打者ではなく、パンチ力もあり、むしろ1割台に終わるのが不思議なくらいの選手。打撃でどこまで力を発揮できるかが勝負になる。

 同様に、打力を磨ければチャンスが生まれてくるのが、今季、セカンドの控えの1番手だった曽根海成だ。守備と走塁はレギュラーに置いてもおかしくないだけのものがあり、こちらも今季.200に終わった打率の上昇がカギだろう。この選手ももう少し打率が上がっても不思議ではないセンスはあると思うのだが……。打率さえ残せれば、足があるので二番にすっぽりハメられるのがプラス要素。ただ、ユーティリティー性が高く、ベンチに置いておいたほうが使い勝手のいい選手でもあるので、レギュラーを奪うためには、打力でよほど突き抜けなければならないだろう。

1/2ページ

最終更新:11/19(火) 11:03
週刊ベースボールONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事