ここから本文です

『旅バラ』終了決定でも存続期待高まる『バス旅』の可能性

11/19(火) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 このまま終了するのは、あまりに惜しい──。11月13日の『太川蛭子の旅バラ』(テレビ東京系)は、番組初の試み『バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅』が放送された。太川陽介、蛭子能収、南明奈のバスチームと村井美樹、スギちゃん、西野未姫の鉄道チームに分かれ、1泊2日で盛岡駅から八甲田ロープウェーを目指し、どちらが先に到着するかを競った。

 視聴率は、番組最高タイの8.1%(ビデオリサーチ調べ/関東地区。以下同)を獲得。TBS『世界野球プレミア12 日本対メキシコ』13.6%、日本テレビ『ベストヒット歌謡祭2019』10.3%と強力な裏番組がひしめく中、健闘したと言っていいだろう。

 残念ながら、72歳の蛭子能収の体力的な問題があり、番組は12月25日限りで幕を閉じると発表された。直近2回とも8.1%と波に乗ってきたところでの終了は残念だが、72歳の蛭子に長距離の徒歩移動を強いるのは酷であり、致し方ない面もあるのかもしれない。

 だが、蛭子に代わるタレントを立てても、リーダー・太川陽介を軸とした『バス旅』はまだまだ視聴率を取れるはずだ。なぜなら、特番時代と最近の放送を比べると、蛭子の役割が明らかに変わったからである。

『旅バラ』の原型ともいえる『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』は2007年に不定期特番として開始。実直にゴールを目指す太川陽介と自由奔放な蛭子能収のコントラスト、女性ゲスト(通称・マドンナ)との絶妙なコンビネーションが話題になり、最高視聴率15.3%を記録。2012~2014年には8回中6回も12%以上を叩き出した。

 番組の魅力は“予定調和なしの緊張感”にあり、その中心に蛭子能収がいた。運転手に「路線バスは走っていない」と説明されても「絶対にあるから。絶対にこの人たちの言うことを信じちゃいけない」と断言。旅館には宿泊したくないと主張し、マドンナの森下千里に「いいじゃん、別に」と言われると、「それは旅館の恐ろしさを知らないんだよ。変な旅館に泊まったことがないから」と怒り爆発。リーダーの太川がバス停の名前を忘れた時、蛭子が「え~! メモしてなかったの? 信じられない。リーダーなのにさあ」とこぼし、太川を激怒させたこともあった。

1/3ページ

最終更新:11/19(火) 12:32
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事