ここから本文です

【マイチェンでまさかの顔激変!!】新型ミラージュ発表&来年日本導入確実!!!

11/19(火) 7:04配信

ベストカーWeb

 え!? これミラージュなの!?

 そんな驚きの変化を遂げた三菱「ミラージュ」の改良モデルが、2019年11月18日に世界初公開され、同日よりタイで販売を開始した。

【関連写真】改良で顔激変! 新型ミラージュを詳しくチェック

 三菱はこの発表に先立ち、11月7日に改良モデルのティザー写真を公開しており、そこでもデザインの一新がアナウンスされていたが、公開された実車を見ると、予想を上回る変貌ぶり。モデルライフ途中で異例の「顔」激変となった。

 そして、タイで発売を開始したこの改良型ミラージュは、日本にも導入確実であることが判明! 注目の新型モデルは、やはり「顔」がトピックだ。

2012年に復活したミラージュがビックチェンジを敢行

「ミラージュ」は、三菱を代表するハッチバック・コンパクトカー。初代モデルは1978年に発売され、通算6代・40年以上の歴史を持つ。

 3代目(1987年登場)に初めて設定されたスポーツモデル、ミラージュ サイボーグなどでも話題を集め、三菱の定番コンパクトカーとして成長してきた。

 しかし、「コルト」を実質的な後継車として、ミラージュは2000年に国内での販売を終了。それからミラージュの名は一旦途絶えていた。

 そんななか、2012年に発売された現行モデルは、12年振りに「日本復活」を遂げたミラージュでもあった。

 現行型ミラージュは、復活以前のモデルとはやや性格が異なり、国内向けもタイ生産モデルに。サイズも、以前のミラージュやコルトと比べやや小柄で、コンパクト&低価格路線へと舵を切った。

 ただ、2019年ここまでの平均月販売台数(国内)は300台あまりと苦戦を強いられている。発売から丸7年が経過し、モデルが古くなってきているという背景と合わせて、今回のマイナーチェンジは、現行型ミラージュにとって発売以来最大の改良となった。

新型のトピックはデザイン! 丸みを帯びた顔から三菱得意のシャープな顔に!!

 トピックは何といってもひと目でわかるデザインの一新。従来モデルの丸みを帯びたフロントマスクから一転、シャープなデザインへガラリとチェンジした。

 RVRやデリカD:5の改良モデルと同様、最新三菱車のアイコンでもある「ダイナミックシールド」を採り入れつつ、コンパクトカーという車格を意識してか、ランプ周りの造形はデリカD:5ほどの過激さはなく、ややマイルドな印象だ。

 それでも、従来型と見比べればかなりの激変で、マイナーチェンジでここまで大きくデザインを変更するのは異例。なお、このデザイン変更によってサイズは、全長のみ従来比+135mmの3845mmとなっている。

 フロントマスクの変更と同時に、リアデザインもL字型に点灯するLEDコンビネーションランプの採用やバンパーの意匠も変更。フロントに比べて小幅な変更ながら、思いのほかスポーティな佇まいになった印象を受ける。

 このほかの改良ポイントでは、新デザインの15インチアルミホイールを採用。インテリアでは、フロントドアトリム(=ドア周りの内装)のデザインを見直すとともに、アームレストの素材も変更されている。

 また、最上級グレードにはファブリックと合成皮革を用いたコンビネーションシートを採用。Apple CarPlayに対応したディスプレイオーディオも新たに搭載した。

 1.2Lのエンジンなど主要メカニズムは従来型と変わらず据え置きとなる。

1/2ページ

最終更新:11/19(火) 7:04
ベストカーWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事