ここから本文です

グーグルと米大手医療グループが大量の個人データを共有、その真の目的はどこに?

11/19(火) 8:12配信

WIRED.jp

グーグルが21億ドルでフィットビットを買収すると発表したとき、世間が注目したのは、グーグルがフィットビットのウェアラブル端末とデータで何をするかだった。アップルやフェイスブックといった巨人たちと同じく、グーグルの親会社であるアルファベットもまた、ヘルスデータを積極的に集めようとしている。それは誰もが知るところだ。

グーグルと大手総合病院の提携がもたらすのは、医療の進歩かプライヴァシーの破綻か

関連記事: グーグルのFitbit買収は、ウェアラブルを制する野望の大きな一歩になる

しかし、グーグルにはもっと安価にデータへのアクセスを手に入れる方法があることが判明した。医療事業者と手を組めばいいのだ。

大手医療グループとグーグルの共同プロジェクト

『ウォール・ストリート・ジャーナル』が11月11日、グーグルと大手医療グループのアセンション(Ascension)との秘密裏のパートナーシップ「プロジェクト・ナイチンゲール(Project Nightingale)」の詳細を報じた。アセンションは米国で2番目に大きな非営利の医療グループで、米国中西部および南部を中心に2,600もの病院を所有している。

昨年始まったとされるこのプロジェクトは、疑うことを知らない数千万人の患者たちのヘルスデータを両者で共有するものだ。プロジェクトに関する作業の大部分は、医療事業者向け人工知能(AI)サーヴィスの開発を担当しているグーグルのクラウド部門が担当しているという。

グーグルはアセンションの事業提携者として活動しており、契約上は個人を特定できる健康情報の取り扱いも可能だ。ただし、この活動は「HIPAA(Health Insurance Portability and Accountability Act)」という法律の制限を受ける。HIPAAは医療保険の携行性と責任に関する法律で、患者の記録やその他の医療情報の詳細は、「対象法人による医療機能の実行を助ける目的においてのみ」使用可能と定めている。今回のプロジェクトにおけるグーグルの主な仕事は、アセンションのために、個々の患者に合った治療計画、テスト、手順を提案できるような健康プラットフォームを設計することだ。

『ウォール・ストリート・ジャーナル』の記事によると、グーグルは今回の仕事を無料で請け負っているという。今回の試みは、ゆくゆくはほかの医療団体に販売し、それぞれのデータで訓練できるようなプラットフォームのテストになると考えているからだ。なお、データにはクラウド部門のメンバーに加え、AIのアプリケーションを専門とするGoogle Brainのチームメンバーもアクセスできる。

健康関連の法を専門とする法律事務所Mintzの弁護士であるダイアナ・ボルケは、HIPAAは概して厳格ではあるが、ヘルスケアの質の向上を促進する側面もあると指摘する。

「自身の全医療記録がグーグルのような巨大企業に渡ったとショックを受けた人にとっては、この活動がHIPAAを根拠に行なわれる正当なものだと言っても慰めにはならないでしょう。それでも、これは確かに正当なものなのです」と、彼女は言う。

1/3ページ

最終更新:11/19(火) 8:12
WIRED.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事