ここから本文です

年収800万円以上のビジネスマンの約2割が副業している!|副業での年収は「100万円以上~499万円以下」が最多

11/19(火) 11:08配信

サライ.jp

政府が働き方改革の一環で副業を推進していますね。それを受け副業を解禁する企業も増加してきています。皆さんの身の回りでも副業をしている人はいるのではないでしょうか。エンワールド・ジャパン株式会社が、エンワールド・ジャパンのサービス登録者で、現在正社員で働いている年収800万円以上の方を対象に「副業」についてアンケートを行い、1,028名から回答を得ました。
現在、副業はどれくらいの人がしていて、何をしていて、どの程度稼いでいるのか。早速、見ていきましょう。

■現在、副業を行っているのは、外資系・日系企業社員ともに約2割

「現在、副業をしていますか?」と聞いたところ、外資系・日系企業社員ともに約2割が「副業をしている」(外資系企業社員:19%、日系企業社員:22%)と回答しました。
副業を行なっている理由については、外資系・日系企業社員ともに「収入」が第1位に。もっともポイント差が大きかったのは「本業の専門性を活かして経験を積む・専門知識を極める」(外資系企業社員:28%、日系企業社員:41%)で、日系企業社員の回答が外資系企業社員の回答を13ポイント上回りました。

【図1】現在、副業をしていますか。

【図2】「現在、副業をしている」と回答した方に伺います。どの様な目的で副業をしていますか。(複数回答可)

■副業を許可しているのは、外資系企業で約5割 、日系企業で4割弱

勤務先で副業が許可されているかを聞いたところ、「副業が許可されている」と回答したのは、外資系企業社員で49%、日系企業社員で37%となり、外資系企業社員の回答が12ポイント高くなりました。

【図3】あなたの勤めている会社で、副業は許可されていますか。

■副業実施率、外資系企業社員は本業の年収1500万円以上の方が高い

副業の実施率を本業の年収別に見ると、外資系企業社員は年収1500万円以上の方が、年収1500万円未満の方に比べ、副業をしている割合が高いことが分かります。(外資系企業社員 本業の年収:2000万円以上 26%、1500万円以上~2000万円未満 29%、1000万円以上~1500万円未満 17%、800万円以上~1000万円未満 15%)

【図4】本業の年収別、副業をしている方の割合

1/3ページ

最終更新:11/19(火) 16:16
サライ.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事