ここから本文です

クッキーを詰め合わせた「プティボワ」が話題の「パティスリーギンノモリ」のポップアップストアが限定登場。

11/19(火) 12:23配信

VOGUE JAPAN

どんぐりなど森の食材を使った最高級のクッキーを詰め合わせた「プティボワ」が話題の「パティスリーギンノモリ(PATISSERIE GIN NO MORI)」のポップアップ(POP-UP)ストアが、11月20日(水)まで「渋谷スクランブルスクエア」1階の東急フードショーエッジに登場中だ。

「パティスリーギンノモリ(PATISSERIE GIN NO MORI)」は、岐阜県恵那市に実店舗を持つスイーツショップだ。珍しい国産どんぐり粉や木の実など様々な森の恵みを贅沢に使ったオリジナルクッキーと高級感あるパッケージで人気を博している。なかでも、森の恵みの宝石箱をイメージしたクッキー缶「プティボワ」はお取り寄せランキングで上位に君臨する話題のスイーツだ。

「プティボワ」は森の癒しを、洋菓子を通して感じてほしいという思いを込めて作られた商品。国産のどんぐり粉や、クマ笹、山椒、山査子など森の食材を積極的に用いている。また、開けたときに宝石箱のような感動を演出するため、青いオリジナルデザインの缶には仕切りせずにクッキーを詰め込んでいる。

その「パティスリーギンノモリ」のポップアップショップが、11月1日(金)にオープンした「渋谷スクランブルスクエア」の東急フードショーエッジ(Event Stage)に登場。看板商品の「プティボワ」のほか、パウンドケーキ2種を販売する。さらに、ポップアップストア限定アイテムとして、通常のサイズよりも小さめの「プティボワ 120」がラインナップする。

VOGUE JAPAN

最終更新:11/19(火) 12:23
VOGUE JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事