ここから本文です

そのスマート家電は、来年も“スマート”なのか? IoT機器に常在する「サポート終了」というリスク

2019/11/19(火) 19:12配信

WIRED.jp

スマート家電が、まったくスマートではなくなる“事件”が、再び発生した。

家電量販店のベスト・バイは11月6日、「Insignia Connect」シリーズのサポートを終了した。Insignia Connectは、冷蔵庫や冷凍庫、スマートプラグ2種類、スマートライトスイッチ、ウェブカメラなどからなるスマート家電シリーズだ。

13年前に発見された脆弱性が、いまもアプリやIoT製品に潜んでいた

サポート終了にあたり、ベスト・バイは購入者への全額払い戻しではなく、購入額の一部をギフトカードで提供するという対応をとった。ほとんどの製品にはまだ使える機能が残っているが、そもそも購入の目的だったはずのスマート機能は失われることになる。ウェブカメラにいたっては、完全なる機能不全に陥った。

スマート製品の購入という「賭け」

この一件で、われわれはあることを再認識することになった。インターネットに接続されたデヴァイスを購入するという行為は、その製品を手がけた会社が今後も対応ソフトウェアをサポートし続けるという可能性への賭けなのだ。ここでいうサポートとは、最新スマートフォンとの互換性を確保するためにアプリを定期的に更新したり、バグを修正したりといったことを指す。

しかし、どのブランドが競合他社より長く生き残り、どのブランドが業務を停止し、買収され、方向転換するかを事前に見極めることは不可能だ。あるとき目を覚ますと、あなたのスマート冷凍庫がいきなり“無能”になっている可能性がある。

「大きな問題のひとつは、消費者がこのような取引を『製品の購入』と理解していることです。しかし、その認識はあまり正しくありません」と、オハイオ州のケース・ウェスタン・リザーヴ大学の法学教授で、『The End of Ownership(オーナーシップの終焉)』の著者であるアーロン・パーザナウスキーは指摘する。

例えばスマートプラグの購入は、メーカーとの継続的なサーヴィス関係を結ぶことでもある。「消費者が売り手に主導権を奪われているという意味で、人々は売り手に束縛されています」と、パーザナウスキーは言う。

『WIRED』US版は、Insigniaのサポート終了の影響を受けた消費者のひとりに話を聞いた。Insigniaについてツイートしていた人物で、本人の希望によりツイッターのハンドルネーム「@captmotorcycle」とだけ記載する。

この人物は、「通知を受け取ったとき、サーヴィス終了にかなりショックを受けました」と打ち明ける。10月後半にInsignia Connectのアプリをたまたまチェックしたとき、所有するふたつの「Insignia ライトスイッチ」の機能が打ち切られることに気づいたという。「それ以前に注意喚起はありませんでした。メールも何も受けとっていないんです」

ベスト・バイは9月に打ち切りを発表していたが、注意喚起の通知をそれぞれの顧客が受け取ったかどうかは不明だ。ベスト・バイにコメントを求める複数のリクエストを送ったが、返答は得られなかった。

1/2ページ

最終更新:2019/11/19(火) 19:12
WIRED.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事