ここから本文です

【放っておくと大惨事に!?】クルマの「SOS信号」 危険な異音15選とその対処法

11/19(火) 13:01配信

ベストカーWeb

 クルマからはいろいろな音が出てくる。エンジンの回転音、排気音、タイヤのロードノイズなどなど、気持ちのいいものもあれば、不快になるものもある。その気持ちいい、悪いとは違い、『異音』には注意が必要だ。

【画像ギャラリー】異音と連動させて覚えておきたい警告灯

 異音、すなわち異常音はクルマから発せられるSOSサインであったり、警戒警報的なものであったりするので聞き逃したり、気づいても放置していると重篤なトラブルにつながることもあるので最新の注意を払いたい。

 異音の種類によっては走行不可となるものもあるし、早期発見によりトラブルを未然に防ぐこともできる。どこからどんな異音がすると危険なのかを紹介していく。

文:ベストカーWeb編集部

エンジン、モーター、補機類の異音

★カリカリ・キンキン・カンカン(走行中)

 これは冷却水不足によるオーバーヒート状態にある時に発生する異音で、カリカリはオーバーヒート初期、キンキン・カンカンとカン高い音に変化するともう末期症状で、エンジンの回転数が一定しなかったり、水温、油圧などの警告灯が点灯しているケースが多い。

 この状態のまま走行を続けていると、エンジンが焼き付く→エンジン破壊という最悪のケースもり、修理費は恐ろしく高くなる。

 安全な場所に速やかにクルマを止めるのはもちろんだが、重要なのは冷却水が残っているのかどうかの確認で、残っていればエンジンを切らずにアイドリング状態で待機、残っていなければエンジンを切ってそれ以上進行しないように対処しなければいけない。

★ガラガラ(アイドリング時/走行中)

 冷却水を循環させるウォーターポンプのベアリングが故障している時にガラガラという音がしやすい。放置しているとオーバーヒートやシャフト折れの原因となるので要注意。即走行不可ではないが、高速道路を避けて整備工場、修理工場に持ち込むのが先決。

★ゴロゴロ(アクセルオン時)

 潤滑油であるエンジンオイル不足により、エンジンのクランクメタルやコンロッドメタルが摩耗している状態。重い打音が出たら摩擦により溶け出していることもある。

 すでに手遅れとなっている場合も多いが、速やかに安全な場所にクルマを停止。異音を放置して走行を続けると、エンジンが破壊するケースもある。

★キュルキュル(アイドリング時/走行中)

 エンジン回転数を上げると、歩いている人も振り返るほどの大きな音がする。非常に不快な音で、ファンベルトをはじめとするベルト類が緩んでいたり、滑っているのが原因だ。

 ファンベルトが切れるとオーバーヒートを誘発するので要注意。音量も大きいので聞き逃すことはまずありえない。

★キーン(走行中)

 ハイブリッドカーやEVの場合、走行中にキーンという音がする。一般的にモスキート音と呼ばれるもので、高周波のため加齢状態によっては聞こえないケースも多いが、このキーン音が大きくなったら、モーターや制御関係に不具合が出ている可能性がある。

 すぐに停車する必要はないが要整備。

★ガタガタ(走行中)

 ハイブリッドカーを運転中に、ガタガタとパワーユニットから音がするようになったら、エンジンマウントの劣化しているケースがほとんどだが、制御系の不具合の可能性もあるのでこちらも要整備のこと。

1/3ページ

最終更新:11/19(火) 14:47
ベストカーWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事