ここから本文です

加藤茶、体調不良だった高木ブーが「ファンの笑顔で元気に」

11/19(火) 11:34配信

SmartFLASH

 加藤茶が、11月16日放送の『にじいろジーン』(フジテレビ系)で、ザ・ドリフターズの盟友・高木ブー、仲本工事との関係を語った。

【写真あり】志村けん激似の兄が「心配事は弟の結婚だぁ~」

 最近は加藤、仲本、高木は「こぶ茶バンド」として、各地を回ってライブで共演。加藤は現在86歳の高木について、「『移動がキツい』って1回リタイアした」と一時、高木だけ出なくなったという。だが、「(再び)ライブをやりだしてから、ものすごく元気になった」と高木がファンの笑顔を見て元気になってきたと話す。

 続けて加藤は「お客さんが笑ってくれる以上は絶対にやるべき。いつまでも現役でいたほうがいい」と自身も仕事をすることがモチベーションになっていることを明かした。

 3人はドラマ『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SEASON4』(テレビ東京系)の最終話でも共演。
 ORICON NEWSに高木は「俺たちはバンドマンだからまとまっていないとね。あとは寝るから」とコメント。加藤は「改めてこの物語はずっと続いてほしいと思う」と再共演を願っていた。

 志村けんを含めたザ・ドリフターズとしては、2017年3月15日、同年8月16日放送の『志村けんのだいじょうぶだぁスペシャル』(フジテレビ系)で12年ぶりのテレビ共演。当時の囲み取材で、加藤は「4人集まると、気持ちが高ぶって、年を取った自分を忘れる。これはすごくいいことですね。年に1回は、仕事でなく集まって、酒でも飲もうかと。集まったほうがいいのではないかな」と話していた。

 ビートルズの1966年の日本武道館コンサートの前座も務めたザ・ドリフターズ。いかりや長介の死は惜しまれるが、4人での音楽活動にも期待したい。

最終更新:11/19(火) 11:57
SmartFLASH

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事