ここから本文です

英国人が見たベネズエラ戦。「最悪な45分」「中島翔哉は何回倒れたかな?」「室屋成も佐々木翔も甘かった」

11/19(火) 22:49配信

フットボールチャンネル

日本代表は19日、キリンチャレンジカップ2019でベネズエラ代表と対戦し、1-4で大敗を喫した。この試合中、日本サッカーに精通するイングランド人ライターのショーン・キャロル氏に随時話を聞いた。(語り手:ショーン・キャロル)

【写真で見る】一番かっこいいのは…? 日本代表歴代ユニフォーム一覧

●「室屋も佐々木も甘かった」

――本日はベネズエラ代表とのキリンチャレンジカップになります。よろしくお願いします! 日本代表は5日前のキルギス戦から9選手が入れ替わっています。キルギス戦から連続で先発となったのは、植田直通、原口元気、柴崎岳のみになりました。

「よろしくお願いします! 個人的には新しい選手見たかったけど、後半から入るかもしれませんね」

――振り返ると、1年前のキリンチャレンジカップでもキルギス戦とベネズエラ戦という組み合わせでした。ちなみに、1年前のベネズエラ戦は1-1で引き分けています。

「大分で行われたベネズエラ戦は、バスが遅れたのを覚えています(笑)」

――初招集の選手もいますが、見たい選手はいますか?

「古橋(亨梧)が見たい。岐阜のときから見ているので、彼の活躍に期待したいです」

――彼の特徴を教えてください。

「スピードはもちろんありますが、彼の積極性が好きです。攻撃の起点になってファイナルサードでの決定力もあります。代表でも結果を残せるか楽しみです」

――8分に先制を許してしまいました。

「室屋(成)も佐々木(翔)も甘かったね…。クロスをそんなに簡単に入れさせてはいけない」

――中島翔哉がボールを持つと激しくマークしてきますね。

「ベネズエラはファールが多いです。南米のチームはマリーシアがうまい。中島は何回倒れたかな? ポルトガルでもそうだと思うけど少しかわいそう」

●「直近の数年で最悪な45分」

――30分にベネズエラの2点目が決まりました。またしてもFWサロモン・ロンドンです。

「植田(直通)のパスミスから始まりました。その後の突破も簡単に許している」

――そのわずか3分後に3失点目……。

「日本の守備はない。また簡単にクロスを上げられたし、佐々木のマークも緩い。森保(一)監督のハーフタイムトークを見たいね」

――ベネズエラにペナルティーエリアへの侵入を簡単に許してしまっています。

「日本は全然落ち着いていない。ベネズエラは簡単に何でもできる」

――そして38分にベネズエラの4点目。

「ありえない。ベネズエラの攻撃はすべてゴールになる。今回は柴崎(岳)のミスで、佐々木も2対1で交わされた」

――前半を0-4で終えました。

「簡単に言えば、何もなかった。攻撃はまったく危なくない。中盤やディフェンスラインでパスミスを何度も繰り返してピンチを招いた。直近の数年で最悪な45分でした」

――主力選手が欠けていたのも理由に挙げられますか?

「選手一人ひとりの問題かどうかはわかりませんが、全体的に良くない。後半はチームの一貫性を見たい。この試合は負けると思うけど、一丸となって戦わなければいけない」

●「リードを奪ってモチベーションが下がったかな」

――後半開始から日本代表は三浦弦太と古橋を入れました。

「森保監督はハーフタイムで怒ったはず」

――攻撃では少し勢いが出てきたようにも見えます。

「少しですね。それよりまだベネズエラの攻撃の方が危ない」

――日本代表は65分に永井謙佑と山口蛍を入れました。下がった橋本拳人と浅野拓磨はどうでしたか?

「2人ともあまり貢献できなかったね。橋本はパスミスが多くて、浅野はシュートを枠内に飛ばせなかった」

――69分に山口のゴールで1点を返しました。

「(相手に当たってコースが変わって)少しラッキーでしたが、1点を返せてよかった」

――交代で入った選手はどうでしょうか。

「古橋はいつも通りポジティブな姿を見せていますが、ペナルティーエリアではまだインパクトを見せられていません。永井は前線からの守備はいいですが、もっと攻撃面でのプレーを見たいです」

――日本がボールを持つ時間が長くなってきました。ベネズエラも疲れてきているでしょうか。

「疲れているというよりは、リードを奪ってモチベーションが下がったかな。ハーフタイムに結果は決まったので」

――82分に原口元気に代わって井手口陽介が入りました。代表での出場は久しぶりです。

「この2年間はいろんな面で大変だったと思うので、これからの成長は気になりますね」

――まだ23歳ですからね。

「彼や三竿(健斗/鹿島アントラーズ)は比較的まだ若いので、まだ代表のボランチで十分に可能性がありそう。三竿は今シーズン、ケガが多いけどね」

●「A代表に入るのは難しい」

――試合は1-4で日本代表はベネズエラ代表に敗れました。

「本当に残念な結果だね。前半は最悪だったけど、後半は少し良くなったかな。日本代表ではレギュラーじゃない選手が多かったけど、アピールできた選手はいなかったね。後半が少し良くなったのは森保監督の指示かもしれませんが、前半は準備が足りなかった」

――今日の試合に収穫は見られましたか。

「チームにとっては、簡単な勝利よりはこのような試合の方が価値はあると思います。監督は選手層や個々の足りないものなどが詳しく分かるし、選手自身ももっと成長しなければいけないことがわかります」

――来月にはE-1選手権が控えています。Jリーガーのみのメンバー構成となりますが、今日の試合を踏まえてどうでしょうか。

「E-1は毎回、Jリーガーにとっては良いチャンスになりますが、今日みたいなパフォーマンスを見せると、A代表に入るのは難しくなりますね」

――本日もありがとうございました。

▽語り手:ショーン・キャロル
1985年イングランド生まれ。2009年に来日。「デイリーヨミウリ」「Jリーグ公式ウェブサイト」などにも寄稿。高校サッカー、Jリーグ、日本代表など幅広く取材している。過去にはスカパーのJリーグ番組出演も。

【了】

最終更新:11/20(水) 10:16
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事