ここから本文です

【12月発表、発売は来年2月!!??】ホンダ新型フィットは新世界基準コンパクト!

11/19(火) 19:02配信

ベストカーWeb

 2019年10月23日。正式発表を12月に控えたNEWフィットが、東京モーターショー2019のホンダブースで世界初公開された。

■【画像ギャラリー】東京モーターショーホンダブースの様子とともに! 新型フィットの画像をチェック!!!

 通算4代目となる新型フィットは、歴代フィットが継承してきたMM(マンマキシマム・メカミニマム)思想はそのままに、グローバルで通用するコンパクトカーのスタンダードを目指して開発。

 燃費や室内の広さなどの数値では表せない「心地よい視界」「座り心地」「乗り心地」「使い心地」という、4つの「感性価値」を追求したという。

 明らかになった5タイプのフィット、モーターショーホンダブースの様子とともに紹介していきたい。

 東京モーターショーでホンダが公式に発表したところによると、新型フィットの発売は2020年2月。かつて販売台数トップを獲得したホンダの虎の子が、捲土重来を目指す。

※本稿は2019年10月のものです
文:ベストカー編集部/撮影:平野 学、中里慎一郎、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年11月26日号

■追求したのは4つの心地よさ

 パワーユニットは4気筒の1.3Lガソリンエンジンと、1.5L+2モーターのハイブリッドの2種類で、これまで「i-MMD」と呼んでいた2モーターハイブリッドは、新たに「e:HEV」(イーエイチイーブイ)の名称が付けられた。

 エンジンは主に発電用に使われ、メインの駆動は電気モーターがまかない、高速走行などエンジン駆動のほうが燃費効率のいい場面ではエンジンで走るというフレキシブルなパワーユニットだ。

 1.5Lエンジンと組み合わせるのはインサイトと同じだから、コンパクトなボディのフィットには余裕たっぷりだろう。当然燃費も期待できる。

 新型フィットは5つのタイプを揃えているのも注目ポイント。BASIC(ベーシック)、HOME(ホーム)、NESS(ネス)、LUXE(リュクス)とSUVVタイプのCROSSTAR(クロスター)の5つ。

1/3ページ

最終更新:11/19(火) 19:02
ベストカーWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事