ここから本文です

スミスは移籍、アブレイユは残留――クオリファイング・オファーを受けたFA選手それぞれの決断

11/19(火) 17:00配信

THE DIGEST

 日本と同様、MLBでもFA市場の動きが活発になりつつある。優に500人を超える選手がFAとなっているが、まず中心になるのはクオリファイング・オファー(QO)を受けた選手たちの動き。 QOとは、FAになった選手に対して在籍していた球団が申し出るもので、受け入れた場合は1年契約で残留となる。拒否した選手が移籍した場合、獲得球団は補償としてドラフト指名権を失うことになる。

【動画】アブレイユが2019年に叩き出した123打点すべてお見せします!

 今オフにQOを提示されたのは10人。8人がオファーを拒否し、2人が受け入れて残留を決めた。それぞれに、従来とは違う動きがあった。

 今季、ジャイアンツで自己最多の34セーブ、防御率2.76の好成績を挙げたウィル・スミスは。3年4000万ドルでブレーブスに入団した。契約がまとまったのは、QOへの返答期限の約30分前だった。MLBネットワークによると、スミスの代理人は獲得を狙った球団に対し、決断の期限までに契約がまとまらなければジャイアンツのQOを受諾すると通告していたという。QOをうまく交渉材料に使ったということだ。

 スミスがブレーブスから得た契約は、平均年俸1333.3万ドル。QOの1年1780万ドルよりも安いが、来年オフに再びFA市場に出た時、同じような好条件を得られる保証はない。リリーフ投手は成績の波が激しいので、なおさらリスクが高い。

 一方、今季の打点王ホゼ・アブレイユは、ホワイトソックスからのQOを受諾したものの、来シーズンの年俸が1780万ドルになるとは限らない。アブレイユの代理人は、QO受諾前から球団と複数年契約について話し合っていて、その交渉は今後も継続するらしい。まずは残留を確定させ、そこから本腰を入れて交渉に臨むという流れだ。

 そうすることで、アブレイユとしては昨オフのクレイグ・キンブレル(現カブス)とダラス・カイケル(現FA)のような羽目に陥らずに済む。2人は昨オフにQOを拒否したはいいが、思うような条件を得られず、6月のドラフト後まで所属球団が決まらなかった(ドラフト後ならQO選手と契約しても指名権を失わずに済む)。ホワイトソックスにとっても、他球団にアブレイユが流出したり、競合となって値段が高騰するリスクを避けられるというメリットがある。

 ちなみに、自己ベストの15勝を挙げてツインズのリーグ優勝に貢献したジェイク・オドリッジもQOを受け入れて残留が決定。明らかにキンブレルやカイケルの二の舞を避けるためにQOを呑んだ格好だ。

 MLBのFA制度は、選手会とオーナー側が交わす労使協定が見直されるごとにマイナーチェンジを繰り返している。QO制度は17年から導入されたものだが、ドラフト指名権と紐付けられることによって、オファーを得られない選手が出ており、選手会が次回の交渉で見直しを求めるのは間違いない。今回、QOを拒否した選手はスミスの他に7人。キンブレルやカイケルのような“QO貧乏”が出ないことを祈るばかりだ。

文●宇根夏樹

【著者プロフィール】
うね・なつき/1968年生まれ。三重県出身。『スラッガー』元編集長。現在はフリーライターとして『スラッガー』やYahoo! 個人ニュースなどに寄稿。著書に『MLB人類学――名言・迷言・妄言集』(彩流社)。

宇根夏樹

最終更新:11/20(水) 7:08
THE DIGEST

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事