ここから本文です

米国一極支配の終焉…?「同盟国・日本」は捨てられるのか

11/19(火) 9:01配信

現代ビジネス

確かに米国は退潮している

 「米国の一極支配はもう終わり。2030年頃には中国が米国を経済規模で抜いて、世界は多極化する。そして米軍は世界中から撤退し、日本は核を持った統一朝鮮、ロシア、中国に裸で直面する」というのが、この頃の通り相場。

【現場はパニック!】日本人は知らない、いま韓国でほんとうに起きていること…

 確かに米国に行ってみると、下町や地下鉄の様相は、途上国を思わせる。危機感を持った白人達はトランプの周りに結集し、これまでの自由・民主主義・アカウンタビリティ等の価値観はどこの誰の話しかと言わんばかり。なりふり構わず、私利私欲の追及に走る。

 70年代の白人中心の米国を知る筆者は未だに信じられない思いでいるが、こうなることは、30年以上前から予想されていたのである。

 1965年、米国は移民法を改正し、それまで欧州の白人を優先していた民族ごとの移民数割り当てを廃止した。これで米国には非白人人口が急増し、白人の少数派への転落を予言する本が1980年代にはちらほらと出始めていたのである。

 もう1つ、米国退潮の原因は、経済が成長のエンジンを失ったことである。

 1970年代にかけて日本からの安価な輸入品が米国市場を席捲(この頃のことは誰も覚えていないようだが、当時の米国はmade in Japanの電気製品、雑貨であふれていた)、労組の要求で賃金や年金をつり上げてきた米国製造業は身売りするか、海外に移転するか迫られて、米国製造業は空洞化した。

 それでも、半導体、航空機等の付加価値の大きい分野を押さえていたため、製造業の生産額では2010年頃中国に抜かれるまで、世界一を続けた(「エコノミスト」2012年3月10日)。

 これによって米国経済は、製造業に依存している限り停滞することを運命づけられたのである。

 従って1990年代、クリントン政権下で金融面での規制緩和が相次ぎ、金融バブルが米国の成長を支えるようになる。

 マネー・サプライ2は1990年から2019 年の間に4.7倍となり(CEIC「米国マネーサプライM2」)、この間GDPは3.6倍になった。1960年から1990年の間は、マネー・サプライ2の増加が11倍弱、GDPが11倍であったのに比べると、近年のバブルぶりが如実である。

 この金融バブルから生み出される(偽りの)富は、少数の者によって独占され、米国での所得格差は拡大する一方となった。そして金融バブルはほとんど定期的に破裂し、金持ちだけでなく社会全体を破滅させ、トランプのようなポピュリスト政治家を生み出す。

1/4ページ

最終更新:11/19(火) 9:01
現代ビジネス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事