ここから本文です

トランプの「無視」に、金正恩が焦り、文在寅が右往左往し始めた…!

11/19(火) 7:01配信

現代ビジネス

北朝鮮に構っていられない

 北朝鮮の金正恩委員長が、「米側の北朝鮮制裁などの敵対姿勢の再考を促す期限」とした年末が刻一刻と近づいてきたが、米国は北朝鮮など構ってはいられないとの態度である。

【現場はパニック!】日本人は知らない、いま韓国でほんとうに起きていること…

 北朝鮮は焦りの色を濃くし、挑発的な言動を繰り返している。このような状況のとばっちり受けているのが韓国であるが、韓国はなすすべもなく右往左往しているだけである。

 北朝鮮にとって金正恩委員長の発言は絶対である。これに米国が応じない場合には、強い対抗措置を取らざるを得ないのがこれまでの北朝鮮である。

 また、今年の冬には北朝鮮食糧事情が一層悪化し、餓死者と凍死者が大量に発生する懸念がある。その場合には北朝鮮の国内が不安定化し、国内的な統制の強化、対外的には強硬手段に出てくる可能性がある。

 しかし米国は、トランプ大統領がウクライナ問題をめぐる弾劾調査に忙殺され、北朝鮮を構ってはいられない状況である。

 北朝鮮が強硬発言や強硬手段に出ても、これに妥協することは、国内的に弱みを見せることになり、決して良策とは思えない。結果として、北朝鮮の挑発に対しては強く出るか、無視することになるのではないか。

 北朝鮮は既に韓国に対し、今年だけで20発の短距離ミサイル等を発射しているが、韓国は見て見ぬふりである。文在寅大統領から北朝鮮に対して再三融和姿勢を訴えるメッセージが発せられたが、北朝鮮からの反応は韓国の意図を踏みにじるものばかりである。

 しかし、文在寅政権は北朝鮮の意図を弁護し、庇う反応を見せるのみである。

米国・トランプの無反応

 韓国は一応、北朝鮮が設定した「年内時限」を超す場合の、コンテインジェンシープランを用意しているというが、文在寅大統領の北朝鮮への取り組みからして、何もできず右往左往するだけなのではないか心配である。

 現在日韓関係では対話が途絶えている。北朝鮮が強硬手段で出てきた場合、日本が日米韓連携に頼らず、独自に如何に対応すべきか、検討を始めなければならない時に来ているのではないか。

 ストックホルムの米朝実務者協議では、米国側が有益な交渉が行われたとしているにも関わらず、北朝鮮は「協議は決裂」と発表した。

 北朝鮮は窮状打開を目指し、米国側の譲歩を求めたが、米国がこれに応じなかったということであろう。米国は、北朝鮮に対する制裁の効果を確認した。

 北朝鮮はミサイル発射を繰り返している。これは、短距離ミサイル技術の向上を目指すと同時に、トランプ大統領に北朝鮮を忘れるなという意味があろう。潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の発射などに加え、ICBM発射実験の再開も示唆して、米国の翻意を促そうとている。

 そうした中、米国は、航空機を主体とする米韓合同軍事演習の実施を表明し、自国や同盟国の安全保障は北朝鮮の意向に左右されない姿勢を示した。

1/5ページ

最終更新:12/12(木) 15:46
現代ビジネス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事