ここから本文です

杉咲花、新田真剣佑、北村匠海…これから注目すべき“12人”の演じたい若者たち<ザテレビジョンシネマ部コラム>

11/19(火) 18:00配信

ザテレビジョン

映画の面白さのひとつは、役者や監督といった作り手たちが、作品ごとに“成長”していく過程を追えることだろう。中でも“旨味”を感じられるのは、やはり若手俳優の台頭だ。

【写真を見る】杉咲花が黒髪ロングの高圧的な美女を演じる

例えば2012年の『桐島、部活やめるってよ』では、神木隆之介や橋本愛、東出昌大、山本美月、松岡茉優、浅香航大、前野朋哉、鈴木伸之といった若手が、その後に大きく飛躍していった。

2019年公開の映画であれば、『十二人の死にたい子どもたち』(11月23日夜8:00 WOWOWシネマほか)も、今後が楽しみな若手キャストがそろい踏みした作品だ。杉咲花、新田真剣佑、北村匠海、高杉真宙、黒島結菜、橋本環奈、吉川愛、萩原利久、渕野右登、坂東龍汰、古川琴音、竹内愛紗といった12人の期待の星が、廃病院で集団自殺しようと集まった個性的な若者たちを演じている。

往年の名作『十二人の怒れる男』(1957)に影響を受けたであろう本作は、役者の「演技力」が試される会話劇だ。各キャストは、自らの表現力のみで役を構築し、他の出演者たちと対決しつつ、会話を転がしていかなければならない。

しかも、本作のキャストに課される課題は、それだけではない。この映画のキャラクターたちは皆、本音を隠してその場に座っている。そのため、キャスト陣はまずAというキャラクターを創造したのち、(A)のように「見せかけの自分」をまとわなければならない。

『湯を沸かすほどの熱い愛』(2016)で圧倒的な「泣きの演技」を見せた杉咲花は、今回は異常に高圧的な「嫌われ役」を演じている。攻撃的な物言いで他者との会話を遮り、主導権を握ろうとするが、近寄り難いオーラも放ち、自らの情報を提示しようとしない。しかし時折、目の奥に「おびえ」のようなものを垣間見せる。

杉咲花が場の空気を加熱する「動」の演技を請け負った存在なら、落ち着かせる「静」の演技を見せるのが北村匠海だ。堂々たる存在感を披露した『影踏み』(2019)が公開中の北村は、流れるような自然な口調で虚実感の強い作品に真実味をもたらす。特筆すべきは、会話に滑り込む技術力の高さだ。

“探偵”役として物語の「進行」を任されたのは、新田真剣佑。『ちはやふる』シリーズでの穏やかに包み込むような演技、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』(2017)でのオラオラ演技など、役によって演技のトーンをしっかり変えてくる新田は、オーラを完全に消しつつ、病弱ながら推理力は超人的というキャラクターを熱演している。

演技の比重に重きを置いた作品は、タスクが多い分、役者を加速度的にパワーアップさせるものだ。未完成や粗削りな部分も含めて「可能性」を感じさせる12人の若手たちは、今後どのような成長曲線を描いていくのか。楽しみに見守っていただきたい。

■ 文=SYO

東京学芸大学卒業後、編集者を経て映画ライターに。CINEMORE、FRIDAYデジタル、映画.com、DVD&動画配信でーたなどに寄稿。Twitter(@SyoCinema)フォロワーは1万4000人超。(ザテレビジョン)

最終更新:11/19(火) 18:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事