ここから本文です

斉藤朱夏が歌うラブソングは「“好き”よりも“愛してる”って言葉を届けたい」

11/19(火) 12:00配信

ザテレビジョン

斉藤朱夏の1stシングル「36℃ / パパパ」は、対照的な2曲が収録された両A面。8月に発表したデビューミニアルバム『くつひも』を経て、“もっとこういう曲も歌いたい”と感じたものがぎっしり詰まった1枚になっているという。

【写真を見る】斉藤朱夏は「ラブライブ!サンシャイン!!」Aqoursのメンバーとしても活躍

「『36℃』と『パパパ』、そしてカップリングの2曲も含めて、かなりふり幅の広いシングルになったと思います。『くつひも』と同じチームが集まって、どういう楽曲を作っていこうかという話し合いを重ねて、初めてのシングルが出来上がりました。まず『36℃』は、リリースが11月と決まっていたので、時期的に冬の恋愛ソングがいいんじゃないかと。そこから(『くつひも』で全曲の作詞を担当した)ハヤシケイ(LIVE LAB.)さんに私が“こういう世界観がいいです”っていうメモを投げて、ケイさんがまたまたきれいな歌詞にしてくれました。『36℃』は私が歌いたいラブソングにすごく近い形になっていると思います」

彼女がもともと渡したメモには、どんなキーワードが託されていたのだろうか?

「“プレゼント”は入ってましたね。“雪”とか、人との距離の温度感みたいなことも書いていたかな。それをケイさんが“36℃”って言葉に置き換えてくれたと思うんですけど、ケイさんっていつも私が伝えたいことをしっかり分かりやすく書いてくださるので本当に感情移入がしやすいんです。一つひとつ丁寧に私のメモを見て汲み取ってくれているのがうれしいなって。ただ、『「36℃」です』ってタイトルを言われた時は、“え? 体温?”って(笑)。一瞬ビックリしたんですけど、歌っていく中でその言葉がどんどんしっくりきて、今ではこの曲はもう『36℃』しかないなって思います」

■ このタイミングでストレートなものを投げかけたいなと思った

歌詞に“君を愛してる”などドキッとした言葉も並ぶストレートなラブソングだが、今の年齢でこの曲を歌うことに最初は思うところもあったそうだ。

「考えすぎかもしれないですが、23歳という若さで、こんな“愛してる”とか言っちゃっていいのかなって。いろいろ思いを巡らせたんですけど、やっぱり私はこのタイミングでストレートなものを投げかけたいなと思って。冬はクリスマスやバレンタインといったイベントも多いからこそ、恋愛を意識したり、一年のうちでカップル率も高くなると思うんです。だったら“好き”や“大好き”じゃなく“愛してる”って言葉をちゃんと届けたいなって。あとは、いつも応援してくれるみんなや支えてくれるスタッフチームに向けて歌ってるところもあって、みんながいてこその私だから“好き”よりも“愛してる”って言葉で愛の告白をしてる感じですね」

そんな想いも相まって、レコ―ディングでは「少々熱くなりすぎてしまった」という彼女らしいエピソードも。いろんなニュアンスを試したという“愛してる”の言葉は、ぜひ注目して聴いてほしい。

「私の性格上、どストレートに伝えちゃうので、重いというよりつい熱くなっちゃうんです(笑)。スタッフさんとも話したんですけど、この曲のタイプや世界観でいうと、優しくしゃべっているような感じが正解。それはすごくわかるんだけど、私の中でどうしても溢れ出ちゃうものがあって、それを抑えるのが大変でしたね。だって、“愛してる”は愛してるんだから!!って(笑)。……で、結果、熱さや圧はちょっと封印してすごく丁寧に歌いました。自分らしくないけど、もしかしたらそれが今後の私らしさになる可能性もあるし、自分ってこういう声も出せるんだっていう新たな発見もできました」

■ アニメの世界を楽曲でも盛り上げていきたい

もう一方の「パパパ」は、斉藤も出演中のTVアニメ「俺を好きなのはお前だけかよ」(TOKYO MXほか)のオープニングテーマ。作品の世界観に寄り添ったアッパーな楽曲に仕上がっている。

「『36℃』とはまた違う片想いソングで、大人になろうとしている女の子の曲だなって私は思ってます。大人の『36℃』に比べると、『パパパ』は学生の甘酸っぱいイメージですね。世の中の人が思い描く斉藤朱夏のイメージはきっとこっちだと思うし、そういう意味では初めて楽曲を聴いた時からしっくり来るものがあって。テンポ感やメロディは速くて難しいんですけど、自分にすごく合っていたので楽しく歌わせていただきました」

彼女にとって、ソロアーティストデビューして初めて担当するタイアップ曲。キャラソンではなく、斉藤朱夏として歌う今作との関わり方に悩んだ部分もあったと振り返る。

「アニメの世界観を壊したくないし、オープニングに流れるということで作品のイメージにも関わってくるから、どう歌えばいいんだろう?というのはすごく悩みました。なので原作を何回も読んだり、いろいろ深く考えて、最終的には声の質感を大切にして歌いました。ソロデビューして間もない新人がいきなりのタイアップで、結構なプレッシャーも感じますが、ヒロイン3人の気持ちにも寄り添いながらこだわって歌ったので、アニメの世界を楽曲でも盛り上げていけるとうれしいです」

(取材・文 / 川倉由起子)(ザテレビジョン)

最終更新:11/21(木) 12:40
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事