ここから本文です

プロダンサーになる夢を諦め、“林業”に従事する中島彩に密着! 彼女はなぜ“林業”に?

11/19(火) 16:00配信

ザテレビジョン

11月19日(火)放送の「セブンルール」(夜11:30-0:00、フジテレビ系)では、兵庫県で“林業”に従事する中島彩に密着。

【写真を見る】危険な急斜面で働く中島彩

今回密着するのは、兵庫・丹波市に事務所を構える、林業を生業とする会社「ウッズ」の森林管理部に所属する中島彩38歳。彼女は、山での伐採作業を行う唯一の女性作業員。

林業は、漁業や建設業などと比べても、従事中の死傷者数が多い仕事。男ばかりの職場で、過酷な仕事に12年間打ち込んでいる。彼女は、なぜ、あえてケガや死の危険も伴う男性社会の林業に挑むのか。

■ プロダンサーになる夢を諦め、“林業”へ

神戸市出身で、幼少期からバレエを習っていた中島。ダンスを学ぶ為に大阪芸術大学に進学、卒業後もダンサーとして25歳まで活動。

しかし、オーディションを受けに行った際、周りとのレベルの差に愕然としダンサーの道を断念。

そんな時、樹木医をしている叔父と接して林業に興味を持ち、26歳で林業の世界に飛び込んだ。労働者1000人あたりの年間死傷者数は全産業の中でも一番多いという、非常に危険な職業である林業。

実際に彼女が行う仕事は、重さ数トンの杉の木をチェーンソーで伐採し、重機を操縦して運搬。さらに急斜面の山道を毎日10km歩き回る。体力的にも厳しいこうした作業に取り組む姿に、同僚の男性たちからも一目置かれる存在に。

男性社会の中に飛び込んだ中島の様子を受け、スタジオの話題は“職場環境”に。

オードリー・若林正恭が以前、アルバイトをしていた弁当屋のスタッフが、女性7人に対して男性は自分だけ。女性達の意見に共感をしないと反旗を翻すことにつながるような環境の中、若林が取っていた対応策が出演者達の笑いを誘う。

また、自分が読んでいる本にカバーをかけるかかけないか、出演者4人の考え方の違いも見どころ。(ザテレビジョン)

最終更新:11/19(火) 16:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事