ここから本文です

過去最大規模のパラスポーツ体験イベント「i enjoy ! パラスポーツパーク」が開催

11/19(火) 10:00配信

ウォーカープラス

これまで全国で延べ4万2000人以上が来場したパラスポーツ体験イベント「i enjoy ! パラスポーツパーク」が今年も「ParaFes 2019」と同日の1月16日に開催された(主催はともに日本財団パラリンピックサポートセンター)。

【写真を見る】香取慎吾さんが日本財団パラリンピックサポートセンターのキーメッセージである「i enjoy !」をテーマにパラサポのオフィスエントランスの壁に描いた壁画の原寸大レプリカ

「ParaFes 2019」の会場である武蔵野の森総合スポーツプラザのサブアリーナに、過去最大規模となる8競技のパラスポーツ体験コーナーが登場。今回新たに加わったトライアスロン(タンデムバイク)、車いすフェンシング、アーチェリーと、車いすバスケットボール、ボッチャ、パラ陸上(レーサー)、視覚障害者柔道、パワーリフティングの計8競技を、家族連れなど延べ7000名が体験した。

人気動画クリエイターの体験企画や、ParaFes協賛企業ブース、IPCとWOWOWのパラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ『WHO I AM』上映ブース、日本財団ボランティアサポートセンターによる『コツコツ点字ブロックタイムトライアル』ブースといったコンテンツも用意され、パラスポーツの体験に加え、D&I(ダイバーシティ&インクルージョン)社会の実現に向けた気づきを体感する場となった。

(東京ウォーカー(全国版)・浅野祐介/ウォーカープラス編集長)

最終更新:11/20(水) 18:12
ウォーカープラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事