ここから本文です

「夢のような前半」「歴史的ゴールラッシュ」。各国メディアが日本代表の惨敗伝える

11/19(火) 22:23配信

フットボールチャンネル

【日本 1-4 ベネズエラ キリンチャレンジカップ2019】

 キリンチャレンジカップ2019の日本代表対ベネズエラ代表戦が19日に行われ、ホームの日本が1-4で敗戦を喫する結果となった。ベネズエラをはじめとする多くの南米メディアやスペイン語圏メディアがこの試合について報じている。

【写真で見る】一番かっこいいのは…? 日本代表歴代ユニフォーム一覧

 国内組中心のメンバーで臨んだ森保ジャパンに対し、ベネズエラは前半8分にFWサロモン・ロンドンのゴールで先制すると、30分と33分にもロンドンが立て続けにゴールを奪ってハットトリック。38分にもMFジェフェルソン・ソテルドが4点目を加えた。日本は後半に反撃に転じたが、山口蛍が1点を返すにとどまった。

『スポーツベネズエラ.com』は前半の戦いぶりについて、「ベネズエラは大阪で夢のような前半を過ごした」と表現。「ビノティント(ベネズエラ代表の愛称)がこんな試合をしたことはなかった。ベネズエラ国内でも国外でも」と自国の代表チームの快勝に驚きを示している。

 コロンビア『NTN24』は「歴史的ゴールラッシュ!」とベネズエラの大勝について報道。スペイン『EFE通信』は「ロンドンが日本をノックアウト」と3得点のエースを称え、日本の前半の戦いについて「堅固な相手に対して攻撃面でプレーの先を読めず」「中盤の全てのバトルでアウェイチームが勝利していた」と述べている。

 スペイン『besoccer』は、ヘディングと左右の足でゴールを挙げたロンドンが「パーフェクトハットトリックで日本をベネズエラ色に染めた」と活躍ぶりを強調。他にも多くのメディアがベネズエラの大勝やロンドンの大活躍について伝えている。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:11/19(火) 22:54
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事