ここから本文です

ラグビー界最強の酒販担当営業マン。中村亮土の勇敢で愚直な仕事っぷり。

11/19(火) 20:01配信

Number Web

 桜のジャージーからスーツに着替える。ラグビー日本代表の中村亮土は、11月下旬からサントリーの営業マンとして赤坂オフィスに戻る。

【秘蔵写真】帝京大時代から物凄い中村亮土に姫野、昔から速い福岡と松島、ヤンチャかわいい五郎丸に今じゃ想像できない髪型のイシレリに細すぎるリーチ、ちょっと笑いかけの稲垣。平尾・清宮パパの現役時代。

 「酒販店さんを担当しています。酒販店さんと連動しながら、業務店さんを回ってメニューを変えてもらったりする業務です」

 今年は日本代表活動に専念し、自身初のワールドカップで全5試合に出場。不動の主力センターとして、史上初の8強入りに大きく貢献した。

 “出向先”で大きな成果を挙げた中村は、社内で大きな歓迎を受けるだろう。日本代表キャップを持つサントリーサンゴリアスの元プロップで、現役社員の池谷陽輔氏がサントリー独自の文化を教えてくれた。

 「サントリーでは社員がラグビー部を応援してくれます。取引先の方々にも理解のある方が多く、『明日練習でしょう? 』などと声を掛けてくれます。サントリーの先輩たちが築いてきてくれた文化だと思います」

華麗で、愚直だった薩摩隼人。

 ワールドカップ後は郷里・鹿児島に帰省し、束の間の休息をとった。ただ周囲の反応は様変わり。行きつけのとんかつ屋で奢られ、立ち寄ったコンビニでも声を掛けられた。

 鹿児島実業高校で本格的にラグビーを始めた元サッカー少年は、いまや日本中が顔を知る会社員になっていた。

 周囲の反応も無理もないだろう。現代の薩摩隼人は、海外列強を向こうに勇敢だった。華麗であり、愚直だった。

磨いてきたオフロードパス。

 歴史的なトライの陰には中村がいた。ロシアとの開幕戦では、磨き抜いたオフロードパスで松島幸太朗の2トライ目をアシスト。

 「オフロードパスはジェイミー・ジャパンが始まってからずっと磨いてきたスキルでした」

 ボールの先を持つ。ヒジを開ける。相手の顔が見えるまで振り向く――基本から積み重ねたオフロードパスを大舞台で披露できるところが、屈強な心身を持つ中村らしい。

 世界を驚かせたアイルランド戦では、福岡堅樹の逆転トライに繋がるパスを放った。

 「外が空いているのは分かっていました。サインも聞こえなかったですが、みんな同じイメージがあったと思います」

 センターコンビを組むラファエレ ティモシーへ矢のようなパス。福岡へのラストパスが生まれた。ラファエレが左中間に飛び込んだサモア戦のチーム初トライも、ラストパスの供給者は中村だった。

1/2ページ

最終更新:11/21(木) 15:56
Number Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事