ここから本文です

低収入×フリーター×デブの低スペック男でも“モテ”は可能「安心感を抱かせる存在になれ」

11/19(火) 15:55配信

週刊SPA!

低収入、非正規雇用、コミュ障etc.まさに「役満」級の低スペックながら、不特定多数の女性や、若い美女と交際する“奇跡の中年”と呼ぶべき傑物たちがいる。謎に包まれた彼らの恋愛秘術に迫る――。

低スペックを逆手に取った緻密な戦略が勝機を呼ぶ

 10月、TOKIO・城島茂の24歳年下美女との結婚が話題となったが、そんなミラクルが起きるのは芸能界のみ。ましてや、低収入・フリーター・デブといった「低スペックおじさん」には無関係と、思い込んではいないだろうか?

「安定志向の女性が増える現代ですが、そこを逆手に戦略を練れば、誰もが羨む『モテおじさん』になれる可能性はかなり上がります」

 そう語るのは最新の心理学を駆使して、多くの悩める男女に恋愛術を授けてきたYouTuber、仮メンタリストえる氏だ。

「究極、低スペックおじさんに必要なのは“聞き上手”と“褒め上手”になること。この2つを押さえれば、成功確率は確実に上がります」

 低スペックおじさんとしては、お金はなくても、経験をもとにアドバイスをしたくなるが……。

「絶対NGです。人が一番ストレスを感じるのは求めていないアドバイスです。極論、自分の話はしなくていいんです。心理学でいう一種のハロー効果ですが、女子は“年上の男性”というだけで、ある種の貫禄や深みを感じます。これは低スペックでも同様。むしろ、高スペックのギラギラ感を嫌う女子は、落ち着きのある低スペックに大きな“安心感”を持つのです」

 話を聞くコツとしては、とにかく質問・共感・賞賛が大切だ。

「例えば、『この間、〇〇したの』という事実を話されても、『なぜ、そうしようと思ったの?』と“考え”について聞き出し、『その考えはすごいね!』と賞賛や共感を交えつつ話を広げます。すると、『この人は自分の気持ちがわかる』と思い込み、受け入れられる快感を恋と勘違いしてしまうのです」

 それでは低スペックおじさんが狙うべきはどのような女性なのか。

「意外かもしれませんが、学生などの20代前半女子です。結婚を意識するコが少なく、スペックをあまり気にしません。また、デートの場所は、低スペックでも背伸びは不要です。リーズナブルでも、“穴場感”のある非チェーン店や、“〇〇専門店”のようにコンセプトがあれば誘いやすく、好感度も上がります」

【仮メンタリスト える氏】
最新の心理学に基づいた恋愛テクニックを公開し、さまざまな年代から圧倒的な支持を得ている恋愛メンタリズムYouTuber。チャンネル登録者数は30万人を超える

<取材・文/週刊SPA!編集部>
※週刊SPA!11月19日発売号「低スペック男の恋愛術」特集より

日刊SPA!

最終更新:11/19(火) 15:55
週刊SPA!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事