ここから本文です

賞味期限切れの食品はいつまで食べられる?

11/20(水) 8:00配信

ハルメクWEB

こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です。

冷蔵庫の中身の点検、皆さんやっていますか? ワタシは冷蔵庫のお掃除を兼ねて定期的にやっているのですが、ついやってしまうのが、食品を大切にしすぎてしてしまうこと。(モノは言いようよね)消費期限が過ぎた食品を発見した時のショック、結構大きいですよね。皆さんはどうしていますか? ワタシは消費期限が過ぎても、傷んでいなければ火を通すなどして、(家族には内緒で)食宅に出します。でも、やはり捨てざるを得ないこともあります。

即席ラーメンやお菓子、調味料や乾物なども、賞味期限の過ぎたものがストッカーから出てきたりするとやはり「やっちまった!」と後悔しますね。

ところで、消費期限と賞味期限、この違いは何なのかしら。お腹を壊さないために、早速調べてみました。この違いは、農林水産省できっちり解説しているんです。

お店で買った食品には、安全においしく食べられる期間があり、袋や容器に「消費期限」か「賞味期限」のどちらかが表示されています。

■消費期限(期限を過ぎたら食べない方が良いんです!)
袋や容器を開けないままで、書かれた保存方法を守って保存していた場合に、この「年月日」まで、「安全に食べられる期限」のこと。お弁当、サンドイッチ、生めん、ケーキなど、いたみやすい食品に表示されています。

■賞味期限(おいしく食べることができる期限です!)
袋や容器を開けないままで、書かれた保存方法を守って保存していた場合に、この「年月日」まで、「品質が変わらずにおいしく食べられる期限」のこと。スナック菓子、カップめん、チーズ、かんづめ、ペットボトル飲料など、消費期限に比べ、いたみにくい食品に表示されています(作ってから3か月以上もつものは「年月」で表示することもあります)。この期限を過ぎても、すぐに食べられなくなるわけではありません。もし、賞味期限が過ぎた食品があったら、大人の方とそうだんしてから食べましょう。

と、お役所のサイトにはめずらしくやさしい言葉で書かれています。ざっくり言うと、「消費期限」とは安全に食べられる期限。「賞味期限」とは美味しく食べられる期限。(この違いは大きい!)

いずれにしても、食品は表示されている保存方法を守って保存しておくことが大切。賞味期限内であってもキムチとかヨーグルトのような発酵食品では冷蔵庫で保存が原則だし、一度開封してしまった食品は、期限に関係なく早めに食べるようにしたほうがいいみたいです。

消費期限は品質の劣化が早いもので、お弁当やサンドイッチ、お惣菜などをイメージしたらいいかもしれませんね。こちらは「安全に食べられる期間」なので、表示されている日時を過ぎていたら、お腹を壊しちゃう可能性があるかも。

賞味期限は食品の種類やメーカーによっても違うようですが、表示している日時の1.1~1.5倍の期間までは賞味しても大丈夫な設定になっているみたい。ただ、買ってきてからの保存状態が、食べても平気かどうかを左右するようです。いずれにしても、食品は直射日光に当てない、涼しいところに置くなど表示されている保存方法を守ることが大切。キムチとかヨーグルトのような発酵食品では冷蔵庫での保存が原則だし、1度開封してしまった食品は、期限に関係なく早めに食べるようにしたほうがいいみたいです。

常備食の瓶詰めなどは、よ~く見ると「開けたら1か月以内にお召し上がりください」と注意書きがあったりします。久しぶりにフタを開けてみたらカビが……という場合もありますから、瓶を開けた時にマジックペンなどで日付を書いておくと管理しやすいですね。

また、気をつけたいのは生ものの冷凍。お肉や魚介類などですが、買ってきて余っちゃったときラップして冷凍なんてこと、よくありますよね? もともと冷凍食品として売っているものは、賞味期限どおりで大丈夫ですが、自分で冷凍した生ものに関しては、2週間をめどに使い切りましょう。それを過ぎちゃうと、美味しくなくなっちゃいますから。

ただ賞味期限が切れている食品でも、匂いや見た目、触った感触など、自分の五感を頼りに食べられるものは食べるのが食品ロスを減らすのに大切! なにしろ日本では、まだ食べられるのに捨てられている食品ロスは年間約632万トン! これを日本人1人当たりに換算すると、毎日お茶碗約1杯分(約136g)のご飯の量を捨てていることになるんですって。もったいないわ~、ホントに!

最終更新:11/23(土) 7:00
ハルメクWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい