ここから本文です

あなたがほしいベアは? ラルフ ローレンの最新ポロベア ウォッチ

11/20(水) 16:23配信

GQ JAPAN

デザイナーのラルフ・ローレンの象徴的なルックをポロベアが着こなす! それをモチーフにしたキュートな時計は必見だ。

【ポロベア ウォッチ3本 写真を見る】

ラルフ ローレンが、3種類の「ポロベア ウォッチ」を発表した。11月中旬より、表参道のフラッグシップストア、一部のエクスクルーシヴ店舗および国内主要百貨店にて順次販売される。

時計のダイアル(文字盤)でポーズを決めているのは、デザイナーのラルフ・ローレン自身が着用したアイコニックなコーディネートがお似合いのポロベア。ルックは3通りあり、ポーズはそれぞれ異なる。

ベッドフォードベア

ニューヨーク州にあるラルフ・ローレンの英国風邸宅がインスピレーションとなった1本。「私はイングランドに住むつもりでいました。しかし、(バージニア州の)ベッドフォードの屋敷を買い、それを私がイメージするイングランドに作り変えたのです。そこはアメリカのもつエネルギーが満ち溢れています」

ツイードのスポーツコートにブルーのタートルネックニット、乗馬ズボンの組み合わせはまさにラルフ・ローレン流カントリースタイル! ポケットに両手を差し込んだポーズがチャーミングだ。このエレガントさに惹かれる。

デニムフラッグベア

1989年のポロ カントリーの広告写真のモデルとなったラルフ・ローレンが着ていたルックを、ポロベアが着用している。写真のロケ地はラルフ・ローレンが所有するコロラドの牧場で、はきこまれたジーンズにデニムジャケット、それに星条旗柄のセーターを合わせている。ターコイズをあしらったベルトはラルフお得意のアクセサリーだ。ユーズド加工のデニム・ストラップで渋みをプラスしている。

タキシードベア

「私はいつもタキシードジャケットにジーンズとブーツを合わせるという、常識に反する着こなしを愛してきました」とラルフ・ローレンは言う。彼は数十年にわたってこのルックでなんども公の場に登場した。今年の6月にニューヨークで開催されたブランドの50周年記念イベントのときもこのスタイルだった。

タキシード×デニムというラルフ・ローレンを象徴するコーディネートはポロベアにもよく似合っている。ホリデーシーズンに向けて、華やかなパーティシーンが多くなるいまの時期にうってつけの1本である。

ラルフ ローレン
Tel. 0120-3274-20

Winsome Li (GQ)

最終更新:11/20(水) 16:23
GQ JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事