ここから本文です

【K-1】魔裟斗、フェザー級王座決定トーナメントは「過去に例を見ない混戦になるトーナメントになりそう」

11/20(水) 6:32配信

ゴング格闘技

2019年11月24日(日)神奈川・横浜アリーナで開催される『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~よこはまつり』。同大会の生中継(インターネットテレビ局「AbemaTV」)でスペシャルゲスト解説を務めるK-1 WORLD MAX 2003・2008世界王者の魔裟斗が、今回の見どころを語った。

【写真】トーナメントに出場する8選手

「今回のK-1横浜大会は第3代フェザー級王座決定トーナメントが開催されます。日本人参戦選手の中で、過去の実績では卜部弘嵩選手ですが、その他日本人選手は勢いのある安保璃紅選手、江川優生選手、西京春馬選手が参戦します。また 外国人勢もキャリアのある選手が揃って参戦し、過去に例を見ない混戦になるトーナメントになりそうです」と、王座を巡るトーナメントは過去最大の混戦になると予想。

「前回大会で衝撃のKO決着となったシナ・カリミアン選手と愛鷹亮選手のタイトルマッチも、トーナメントに劣らず盛り上がること間違いないと思います」と、K-1 WORLD GPクルーザー級タイトルマッチの王者シナ・カリミアン(イラン/WSRフェアテックス)vs挑戦者・愛鷹亮(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)にも期待を寄せる。

 両者は8月のK-1大阪大会にてノンタイトル戦で激突。愛鷹が3R57秒、右フック一発でカリミアンをマットに沈め“ジャイアントキリング”を起こして話題となった。

「スーパーファイトでは日本人無敗ジョーダン・ピケオー選手にK-1甲子園2連覇で現役高校生ファイターの近藤魁成選手が挑む一戦、この試合のためにフェザー級のベルトを返上した村越優汰選手と王者・武尊選手との一戦も楽しみな試合です」と注目のワンマッチを2試合あげ、「また4試合連続KO勝ちと最も注目している選手である木村”フィリップ”ミノル選手の試合も目の離せない試合となることでしょう。見応え充分な横浜大会、楽しみです」と、木村を最も注目している選手としてあげている。

最終更新:11/20(水) 6:32
ゴング格闘技

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事