ここから本文です

飯豊まりえ主演映画『シライサン』、スマホとイヤホン使用する体験型上映実施決定

11/20(水) 10:09配信

リアルサウンド

飯豊まりえ主演映画『シライサン』の“イヤホン360上映”が決定した。

 本作は、小説家・乙一として知られる安達寛高の完全オリジナル作にして長編映画初監督作品。眼球が破裂した死体が連続して発見された。直接の死因は心不全。そして、死の直前“何か”に怯え取り憑かれたような奇妙な共通点があった。親友を目の前で亡くした大学生の端紀と弟を失った春男の二人は、共に事件を調べ始める。鍵を握る詠子を探し出すが、ほどなく彼女は「シライサン……」という謎の言葉を残し、眼球を破裂させ心不全で死亡した。事件に目を付けた雑誌記者の間宮も加わり、徐々に明かされていく“シライサン”の呪い。核心に近づく3人の前に、理解を超えた、戦慄の事実が待ち受けていた。

【写真】柳原哲也近影

 イヤホン360上映とは、上映中にイヤホンをつけることで、映画本編にはない特別な音を付加して鑑賞できる、新たな映画の鑑賞スタイル。もともと、映画上映中に作品の解説や撮影エピソードなどが聞けるオーディオコメンタリー上映やバリアフリー上映などに使用されている株式会社エヴィクサーの音声同期システム・Another Track技術を応用し、本作では映画の進行に合わせて、イヤホンから、“シライサン”が現れる時に奇妙に鳴り響く鈴の音や、不吉な予感を漂わせるノイズ音、体に響き渡る不気味な重低音などの3Dサウンドを聴くことができる。

 イヤホン360は、QRコードを読み取り、専用アプリ「Another Track」をダウンロード、アプリを起動し、「映画『シライサン』イヤホン360」の視聴の準備をクリックすることで体験できる。体験にあたっては、イヤホン(※iPhone純正イヤホンのようなインナーイヤー型推奨)、スマートフォンが必要となる。映画『シライサン』公式サイトでは、イヤホン360を体験できるお試し動画も展開されている。

 また、あわせてお笑いコンビ・アメリカザリガニの柳原哲也がナレーションを担当したHow to 動画も公開された。柳原からはコメントも寄せられている。

柳原哲也 コメント
まわりの人が聞こえていない音を楽しめるお得感がありますね。
僕がビクついていたら、イヤホンを付けていない隣の人が「おや?」という感じで見てました(笑)。
不快感を与えない効果的なギリギリの演出もすごく良かったです!
大きな音でびくびくさせるだけでじゃなくて、じわぁ~じわぁ~と怖がらせてくるんですよ……。
エンドロールのやつ、あれぞわーっと来たわ~。
ただ、「シライサン」っていうタイトル、相方が「ヒライサン」なんでそこはちょっとな~(笑)。

リアルサウンド編集部

最終更新:11/20(水) 10:09
リアルサウンド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事