ここから本文です

大敗の森保ジャパン、守備陣が見た“現実”とは 川島「学ばないと」畠中「実力不足を痛感」

11/20(水) 6:01配信

Football ZONE web

前半だけで4失点…川島は「自分たちのミスから危険なところを作られた」

 森保一監督率いる日本代表(FIFAランク28位)は19日に国際親善試合ベネズエラ(同26位)戦に臨み、1-4で大敗を喫した。前半だけで相手エースFWサロモン・ロンドンにハットトリックを達成されるなど4失点。後半に途中出場したMF山口蛍(ヴィッセル神戸)が1点を返したものの、観客からは大ブーイングを浴びせられる結果となった。主力組“ゼロ”となった最終ラインはそれぞれ課題を見つめ直した。

【動画】森保ジャパン、前半まさかの4失点で守備崩壊! MF山口蛍のミドル弾で一矢報いるも…国際親善試合「日本×ベネズエラ」(1-4)ハイライト

 屈辱的な時間だった。前半8分、DF室屋成(FC東京)が右サイドでブラジルの強豪サントスに所属するMFジェフェルソン・ソテルドに翻弄されてクロスを上げられ、相手エースが頭でゴール。先制点を許すと、同30分には左サイドを崩されて2失点目。3分後に3失点目、その5分後には4失点目……と、修正できずに守備が崩壊した。相手エースは33分間でハットトリックを達成。コパ・アメリカのチリ戦(0-4)に続く、森保ジャパン最多タイの4失点で、ハーフタイムには会場から大ブーイングが浴びせられた。

 今回は14日のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選キルギス戦に招集された欧州組から一部メンバーを入れ替えて、国内組が新たに選出された。先発には主力組のMF柴崎岳(デポルティボ)や、MF中島翔哉(ポルト)以外は森保ジャパンでの出場機会にあまり恵まれていない選手が名を連ねた。最終ラインに入った室屋、DF畠中槙之輔(横浜F・マリノス)、DF植田直通(セルクル・ブルージュ)、DF佐々木翔(サンフレッチェ広島)と、守護神のGK川島永嗣(ストラスブール)のなかで、森保ジャパンの主力組は“ゼロ”。川島は大量失点の原因に言及した。

「選手がこれだけ変わっているなかで立ち上がりに失点したことで、流れをうまく持っていかれた。うまくいきそうで、自分たちのミスから危険なところを作られた。後半にあれだけ良くできたので、前半の中で修正できればというのはある。距離感がそもそも攻撃でも守備でも、人に行っているようでも相手にスペースを使われるシーンが多かった。後半はハーフタイムに話して修正できた部分はあるけど、チームとして誰が出てもやることを徹底しないといけない」

 開いてしまった主力組との差。畳みかけられるように相手にボールを奪われて攻撃の形を作られ、精神的にも追い詰められた。修正力が足らなかった理由を畠中は「ネガティブな部分があった」と振り返った。

1/2ページ

最終更新:11/20(水) 6:01
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事