ここから本文です

“主力”柴崎&権田、国内組に課された“課題”を指摘 「1歩、2歩遅い」「吉田麻也は…」

11/20(水) 7:20配信

Football ZONE web

主将マーク巻いた柴崎が実感 「ボールへのプレッシャーの掛け方や距離感が…」

 森保一監督率いる日本代表(FIFAランク28位)は19日に国際親善試合ベネズエラ(同26位)戦に臨み、1-4で大敗を喫した。前半だけで相手エースFWサロモン・ロンドンにハットトリックを達成されるなど4失点。後半に途中出場したMF山口蛍(ヴィッセル神戸)が1点を返したものの、観客からは大ブーイングを浴びせられる結果となった。露呈した課題について主将マークを巻いたMF柴崎岳(デポルティボ)と、ベンチから見ていたGK権田修一(ポルティモネンセ)が指摘した。

【動画】森保ジャパン、前半まさかの4失点で守備崩壊! 国際親善試合「日本×ベネズエラ」(1-4)ハイライト

 前半8分、DF室屋成(FC東京)が右サイドでブラジルの強豪サントスに所属するMFジェフェルソン・ソテルドに翻弄されてクロスを上げられ、相手エースが頭でゴール。先制点を許すと、同30分には左サイドを崩されて2失点目。3分後に3失点目、その5分後には4失点目……と、修正できずに守備が崩壊した。相手エースは33分間でハットトリックを達成。コパ・アメリカのチリ戦(0-4)に続く、森保ジャパン最多タイの4失点で、ハーフタイムには会場から大ブーイングが浴びせられた。

 今回は、最終ラインに室屋、DF畠中槙之輔(横浜F・マリノス)、DF植田直通(セルクル・ブルージュ)、DF佐々木翔(サンフレッチェ広島)と、守護神のGK川島永嗣(ストラスブール)が入った。森保ジャパンの主力組は“ゼロ”。14日のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選キルギス戦に招集された欧州組から一部メンバーを入れ替えて、国内組が新たに選出され、先発にはMF柴崎岳(デポルティボ)や、MF中島翔哉(ポルト)が主力組として出場。経験値高いMF原口元気(ハノーバー)も守備に奮闘した。

 そのなかでチャンスを与えられた出場機会の少ない選手たち。普段、主力組とプレーする柴崎は、“足りない部分”も実感したようだ。

「もちろんやる選手が違えば、違いがあって当然なので、言い訳にするつもりはない。受け止めて、これからの試合や3月の予選までに成長したい。ただ、チーム全体としては、単純に比較してという意味で、いつも出ている選手たちとの比較とすると、ボールへのプレッシャーの掛け方や距離感がいつもよりも1歩、2歩、遠いかなという印象はあった。そこはまだ代表での試合がこなせていない選手にとっては改善すべきところだと思う。それができた時には大きな力になってくれる。守備だけの話になってしまうけど、あえて挙げればそういうところ」

1/2ページ

最終更新:11/20(水) 7:20
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事